報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

マニラ保険金殺人 大阪高裁も無期懲役判決

 フィリピン・マニラ市で2010年、京都市伏見区の会社員、松谷祐一郎さん(当時35歳)を保険金目的で射殺したとして、殺人と詐欺未遂などの罪に問われた住所不定、無職、新井茂夫被告(59)の控訴審判決で、大阪高裁(西田真基裁判長)は12日、無期懲役とした1審・京都地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。
 判決によると、新井被告は教材販売会社社長だった弟(46)=無期懲役が確定=と共謀。10年11月24日、マニラ市の路上で社員だった松谷さんを拳銃で射殺し、保険金1億円を詐取しようとした。
 新井被告は1審に続き、殺害や保険金詐欺への関与を否定し、無罪を主張していた。
 判決は、▽新井被告が実行役として松谷さんを射殺する計画があったという弟の公判での供述▽実行役は被害者と親しく話していた日本人風の男だったという目撃者の証言−−のいずれも信用できると判断。新井被告を実行役と強く推認できるとした1審判決を追認した。【原田啓之】
(2017年9月12日 20時29分(最終更新 9月12日 20時29分) 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます