報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

ベトナム人殺傷事件で傷害罪の被告に無罪判決 大阪高裁

 大阪市生野区で平成27年9月、ベトナム国籍の男性3人が死傷した事件で、1人に対する傷害罪に問われた無職男性(48)の控訴審判決公判が30日、大阪高裁で開かれた。和田真裁判長は「被害者の証言に記憶違いが含まれている可能性があり、男性を犯人とするには合理的な疑いがある」とし、懲役1年6月とした1審大阪地裁判決を破棄、無罪を言い渡した。
 和田裁判長は判決理由で、1審判決が信用性を認めた「別の男に刃物で切られた後、被告人に顔面を殴られた」とする被害者の証言について、証言した場所に血痕が残っていなかったことから「客観的状況と矛盾する」と指摘。被害者が飲酒していたことや無職男性に動機もないことから、犯行を裏付ける証拠はないとした。
(2017.11.30 20:13 産経WEST)

傷害事件、男性に逆転無罪=大阪高裁

 大阪市生野区の路上でベトナム国籍の男性を殴りけがをさせたとして、傷害罪に問われた無職男性(48)の控訴審判決で、大阪高裁(和田真裁判長)は30日、懲役1年6月とした一審大阪地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。
 2015年9月にベトナム国籍の男女が同国籍の3人を殺傷した事件に絡み、男性はうち1人の顔を殴打したと起訴された。「現場付近に居合わせたが、暴行はしていない」と主張していた。
 一審判決は被害者の証言の信用性を認め有罪としていた。高裁は、被害証言の一部は客観的状況と矛盾しており、男性による殴打についても勘違いの可能性があると判断した。
(2017/11/30-18:18 時事ドットコム)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます