報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

損賠訴訟 長時間労働自殺、高裁で和解成立 /大阪

 大阪市内で店舗を展開するうどんチェーン「小雀弥」の店長だった男性=(当時34歳)=が2009年に自殺したのは、長時間労働によるうつ病が原因だとして、遺族が店側に約8000万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審は8日までに、大阪高裁(三井教匡裁判官)で和解が成立した。店側が解決金1000万円を支払うとの内容。1月17日付。
 和解条項には、店側が遺族に哀悼の意を表すると盛り込まれた。昨年3月の1審大阪地裁判決は約6960万円の賠償を命令。1審は82日間連続で勤務し、月100時間以上の時間外労働があったと認定したが、店側が「業務は過重ではなく、休みはあった。1審が認めた勤務時間には誤りがある」と控訴していた。
 1審判決によると、男性は05年からアルバイトの調理師として勤務し、06年に正社員に採用。08年5月に新店の店長になり、同9月にうつ病を発症し、09年4月、自宅で自殺した。
(2019年2月10日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます