報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

串カツ「だるま」に罰金判決 留学生に法定時間超の労働

 留学生を法定時間を超えて働かせたとして出入国管理法違反の罪に問われた串カツ店「だるま」の運営会社、一門会(大阪市)と、同社の店舗統括部長の判決が26日、大阪簡裁であった。井野口摂裁判官は求刑通り同社を罰金50万円、部長を同30万円とする有罪判決を言い渡した。
 判決によると同社は昨年9月〜11月、大阪市中央区内の店舗などで、アルバイトとして採用したベトナムとネパールからの留学生計11人を法定の週28時間を超えて働かせた。
 井野口裁判官は「会社は不法就労を助長しないよう組織的に取り組むべきだったのに利益を優先させた。責任は重大だ」と指摘。出廷した上山勝也社長は判決後「事件を教訓に労働時間の法定制限を守っていきたい」と話した。
 同社は1929年創業。大阪を中心に国内16店舗、海外3店舗を展開している。
(2017年7月26日11時55分 朝日新聞)

「串かつだるま」に罰金刑、留学生違法労働 大阪簡裁

 外国人留学生に法定時間を超える長時間労働をさせたとして、入管難民法違反(不法就労助長)の罪に問われた飲食店「串かつだるま」の運営会社「一門会」(大阪市)と店舗統括部長、藪口征平被告(38)の判決公判が26日、大阪簡裁であった。井野口摂裁判官は求刑通り、同社に罰金50万円、藪口被告に罰金30万円を言い渡した。
 井野口裁判官は判決理由で「利益を優先して不法就労させており、責任は重大」と指摘。藪口被告も「不法就労を把握していたのに改善しなかった刑事責任は軽いとは言えない」とした。
 判決によると、2016年9月〜11月、同市中央区の店舗などでベトナムやネパール国籍の留学生11人を週28時間の法定限度を超えて働かせた。
 大阪区検は両被告を略式起訴したが、簡裁が4月、略式不相当と判断し、正式裁判に移行した。
 企業の違法な長時間労働を巡っては、電通やスーパー運営の「コノミヤ」(大阪市)など略式起訴とした検察の判断が不相当され、正式裁判に切り替わる例が相次いでいる。
(2017/7/26 11:24 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます