報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

PDF

早稲田で得た知識や人脈を、仕事の糧として。
須藤 晴菜
私は今、東京地裁刑事部で合議体の左陪席裁判官として働いております。私は、昔から裁判官になりたいと考えていたわけではなく、早稲田で裁判官教員の授業を受けるなどして裁判官とつながりができて初めて裁判官に興味を持ちましたし、早稲田にて非常に優れた先生方、AAなどの先輩方、同期に良いアドバイスを何度ももらえたため、成績も修め、こうして任官することができました。また、早稲田においては、私が興味を持っていた障害者や子どもの分野の科目を多く履修することができ、人脈も広げることができたので、非常に充実した2年間が送れたと思っています。
司法試験対象の法律科目以外で得た知識や人脈等は、今は直接仕事に活きているわけではありませんが、他の人とは異なる深みをもって日々の仕事に取り組めているような気がしています。今の仕事は,時には忙しくて空回りしたり、落ち込んだりすることもありますが、最初から(男女隔てなく)一人の裁判官として仕事をやらせていただけるので非常にやりがいがありますし、日々いろいろなことを学ぶことができるので,とても楽しく仕事をさせていただいております。私自身は現在は結婚等しておりませんが、周りの様子を見ても、家庭との調整をつけやすい職場だというのは日々感じておりますので、ぜひいろいろな方に裁判官になってもらえたらと思っています。
2011年  名古屋大学法学部卒業
2011年  早稲田大学大学院法務研究科入学
2013年  早稲田大学大学院法務研究科修了
2013年  司法試験合格/67期司法修習生
2015年〜 東京地方裁判所勤務

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます