報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

被告に無期懲役判決 前橋地裁「殺害する意図推認」 沼田の書店の強盗殺人

 昨年10月に群馬県沼田市の書店で男性店員(59)が殺害され現金などが奪われた事件で、強盗殺人などの罪に問われたみなかみ町月夜野、無職の男(29)の裁判員裁判の判決公判が31日、前橋地裁で開かれた。水上周裁判長は「2カ所の致命傷から、殺害する意図を推認できる」として殺意を認定し、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 判決理由で水上裁判長は争点の殺意について、もみ合った際にナイフが刺さったする被告の主張に対し、胸と首の刺し傷は一直線で深く「もみ合ったことと整合しない」と指摘。「致命傷となる傷が二度も偶然にできるとは考え難い」とし、暗闇で刺さったことに気付かなかったとの主張を否定した。
 また、男性の右頬の傷は、死亡直前か死後に意図的に刺されたものだと認定。死後に店内を物色し、レジや商品棚から現金やゲーム機を奪っていることから「殺害を意図していたことと整合する」と説明。犯行前から殺意があったとは断定できないものの「(刺した時の)殺意は強い」と結論付けた。
 被告弁護人は判決後の取材に、「不本意な部分もあるが、(裁判員らに)しっかり検討していただいた」と述べた。被告の意向で控訴しない方針だという。
(2020/09/01 06:00 上毛新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます