報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

公選法違反 元県議妻に有罪判決 事後買収「軽率な犯行」 地裁 /群馬

 4月の県議選で当選した南波和憲氏(71)=5月に辞職=を巡る公職選挙法違反事件で、同法違反(事後買収など)の罪に問われた南波氏の妻久美子被告(68)に、前橋地裁(國井恒志裁判長)は懲役1年、執行猶予4年(求刑・懲役1年)の判決を言い渡した。
 判決などによると、久美子被告は、県議選後の4月9〜10日ごろ、選挙運動の報酬として、中之条町の伊能正夫町長や山本隆雄議長ら選対幹部9人に1箱6000円相当のようかんを贈ったり、贈ろうとしたりしたほか、現金計80万円の供与を申し入れた。
 国井裁判長は、謝礼が高額であり、供与先に町長や議長が含まれていることから「選挙の公正を害する危険性が高い」と指摘。さらに、久美子被告は6期24年県議を務めた南波氏の妻として「相応な知識と経験を踏まえれば、軽率な犯行だったというほかない」と述べた。【神内亜実】
(2019年9月7日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます