報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

足利の強殺と死体遺棄 落合被告に無期懲役判決 犯行「残虐かつ冷酷」

 栃木県足利市の化粧品販売業、萩原孝さん=当時(84)=を金品目的で殺害し、館林市の多々良川に遺棄したとして、強盗殺人と死体遺棄の罪に問われた足利市の派遣社員、落合和子被告(43)に対する裁判員裁判の判決公判が21日、前橋地裁で開かれ、鈴木秀行裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。弁護側は即日控訴した。
 これまでの公判で弁護側は、萩原さん殺害は、事件当日に一緒に行動していた別の女が単独で行ったとして無罪を主張。死体遺棄については、従属的に関与しただけだと訴えていた。
 鈴木裁判長は判決理由で、女の衣服に萩原さんの血痕が付いていたことなどから事件関与の可能性を認める一方、落合被告は経済的に困窮して現金を奪う動機があり、「犯行の首謀者だった」と指摘。犯行態様は「残虐かつ冷酷なもので悪質。真摯(しんし)な反省や謝罪も見られない」と断じた。
 判決を受け、弁護人は報道陣に「到底受け入れられない判決。印象としては、結論から説明したように思える」と話した。
 判決などによると、平成27年3月25日、萩原さんの首を絞めるなどして殺害、現金50万円を奪って、別の女と共謀して遺体を多々良川に遺棄した。女の車に萩原さんの血痕や指輪などがあったが、事件後に千葉県の川で死亡しているのが見つかった。
 ■裁判員「納得いく評議」
 今回の裁判員裁判は、直接証拠がなく、落合被告も強盗殺人罪について否認しているため、間接証拠からの総合的な判断が求められた。判決の後、裁判員6人と補充裁判員2人が会見し、全員がおおむね「納得のいく評議ができた」と感想を述べた。
 評議について補充裁判員の専業主婦の女性(50)は「落合被告の供述は嘘と真実のごちゃ混ぜとしか思えなかった。慎重な議論をして常識的な判断をしたと思う」、20代男性は「可能性からひもといて、慎重に議論しなければいけないことが難しかった」と述べた。
 萩原さんを殺害したのは別の女で、この女が落合被告に「超人的存在」が乗り移ると信じていたという弁護側の説明について、50代の男性会社員は「場当たり的な内容で、自分のいいように解釈していると感じた」と厳しい表情を浮かべた。
(2018.12.22 07:08 産経新聞)

落合被告に無期懲役判決 館林の強盗殺人・死体遺棄で前橋地裁
 群馬県館林市日向町の多々良川で2015年4月、栃木県足利市の化粧品販売業、萩原孝さん=当時(84)=の遺体が見つかった事件で、強盗殺人と死体遺棄の罪に問われた同市県町、派遣社員、落合和子被告(43)の裁判員裁判の判決公判が21日、前橋地裁で開かれた。鈴木秀行裁判長は落合被告が強盗殺人、死体遺棄の首謀者と認定。「残虐かつ冷酷で非常に悪質な犯行」などとして、求刑通り無期懲役を言い渡した。弁護側は即日控訴した。
 ◎首謀者と認定「殺害の動機はあった」
 鈴木裁判長は判決理由で、落合被告が事件当時、経済的に困窮し債務の返済に充てる現金などを必要としていたことから、「金品を奪う目的で被害者を殺害する動機があったと言える」と指摘。事件後に返済した借金の額と、被害者が事前に引き出していた現金などの額が一致しており「被告は萩原さんを殺害した犯人と認められる」と断定。知人女性が単独で殺害したなどとする弁護側の主張を退けた。事件当日に行動を共にしていた知人女性との共謀を認定し、死体遺棄については「被害者の遺体を捨てて証拠隠滅を図る共通の利益がある」などとした。
 落合被告の証言は「極めて不自然な点や非現実的な点が見受けられ、信用できない」と断罪した。その上で、事件当日に知人女性の車を使い、女性の携帯電話に犯行をほのめかすメッセージを残すなど、女性の単独犯行と見せかけようとしたと指摘。「利欲的で身勝手な犯行で、経緯や動機に酌むべき点はない」と非難した。
 判決を受け、前橋地検の久保浩次席検事は「極めて適切な判決」とコメント。弁護側は「到底受け入れられない。判決の中身が曖昧で、状況証拠から冷静に立ち上げたものではない」とし、即日控訴した。
 知人女性は事件後、千葉県の利根川で遺体で見つかった。判決によると、落合被告は知人女性と共謀し、15年3月25日、県内またはその周辺で、萩原さんの首を絞めるなどして殺害、現金約50万円を奪って遺体を多々良川に遺棄した。
 ◎経済切迫から犯行認定…行動の矛盾点も指摘
 落合被告が萩原さんの殺害や現金の強取に関与したことを裏付ける直接証拠が乏しい中、判決では事件当時、落合被告が化粧品販売の未払い金返済などに窮し、家族の預金を無断で引き出すなど経済的に追い込まれていたことが犯行の動機につながったと認定。事件後、落合被告が知人女性や萩原さんの遺体を自宅に残し、借金の返済に出向いていることからも、切迫状況がうかがえるとした。
 自宅に多額の現金があったとする落合被告が萩原さんに借金を申し込むなどの矛盾点も指摘。知人女性を「家族同然」としながら、事件の2日後にはこの女性に多額の現金を盗まれたと警察に届け出ていることなどについても、一貫性を欠いているなどとした。
 ◎言い渡し後に一礼…落合被告
 強盗殺人などの罪に問われた落合被告は21日、黒い上下のスーツに白いワイシャツ姿で入廷。廷内中央の証言台に立ち、判決主文の読み上げを聞いた。その後はいすに座り、正面を見据えたまま、量刑の理由などにじっと聞き入っていた。言い渡し後は、正面に向かって一礼し、その後、弁護士としばらくやりとりしていた。
 ◎「さまざまな角度から話し合い」「裁かざるを得ない」…裁判員ら会見
 閉廷後、事件を審理した裁判員6人と補充裁判員2人が前橋地裁内で記者会見した。
 直接的な証拠が乏しいとされた審理で、落合被告の強盗殺人事件への関与などをどう判断したか問われると、20代男性は「正直難しかったが、状況証拠をさまざまな角度から話し合った」と説明した。50代の男性会社員は「検察側、弁護側双方の立場から考え、納得のいく議論ができた」と振り返った。
 被告人質問や証人尋問で明らかになった落合被告や知人女性らが共有していたとされた独自の精神世界については、補充裁判員の女性(50)は「信じられない部分もあったが、そのような世界を受け入れた上で評議した」とした。
 60代女性は、夫や娘がいる落合被告に実刑判決が言い渡された時のことにも考えを巡らせたという。「同情する気持ちはあったが、罪のない人が亡くなった状況を考えると、裁かざるを得なかった」と明かした。
(2018/12/22 上毛新聞)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます