報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

三井生命の固定資産税過払いで県に1200万円賠償命令 

 誤った評価により所有する沼田市の商業ビルの固定資産税を過剰に支払わされていたとして、三井生命保険(東京都)が県に対し約1億800万円の賠償金を求めた訴訟で、前橋地裁(塩田直也裁判長)は27日、県側に約1200万円の支払いを命じる判決を言い渡した。判決理由で塩田裁判長は、「(道府県知事が)職務上の注意義務に違背して価格を過大に通知したとき、固定資産税を過大に納付することになった納税者は被った損害について国家賠償請求を行い得ると解するのが相当」とした。
 同社は平成24年から、同市に対し同様の訴訟を起こしたが、高裁、最高裁に控訴を棄却されていた。
(2017.9.29 07:01 産経ニュース)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます