報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

覚醒剤使用に無罪 「尿の採取手続きは違法」 地裁判決

 自宅で覚醒剤を使用したとして覚せい剤取締法違反の罪に問われた群馬県高崎市の男性(41)の判決公判が19日、前橋地裁高崎支部であった。永井秀明裁判官は、覚醒剤使用を立証するために県警が作成した尿の鑑定書について「尿の採取手続きに重大な違法がある」と証拠能力を否定し、「自白の真実性を補強する証拠は存在しない」として無罪を言い渡した。
 判決などによると、男性は昨年1月8日に自宅で覚醒剤を身体に注射したなどとして起訴された。高崎署の警察官が同9日午後6時10分ごろに男性への職務質問を始め、同8時55分ごろに保護した。翌10日午前1時50分ごろに保護を解除し、捜索差押許可状を基に男性の尿を採取した。
 検察側は職務質問が任意だったのに加え、男性が発進した車に向かうなど精神錯乱だったため保護したと主張。一方、弁護側は車に突進した事実はないなどとして精神錯乱ではなかったと主張し、保護の必要がないのに拘束して採尿したことは違法と訴えた。
 永井裁判官は3月15日付の証拠決定で、職務質問に関しては適法とする一方、弁護士の指示に従って動画を撮っていたことなどから「精神錯乱や自傷行為の恐れがあったとは認められない」と指摘。身体を拘束したのは明らかに逮捕に当たるとし「典型的な無令状、無要件の逮捕だったと認められる」と強く批判した。「保護と関連性がある尿の採取の手続きは違法だった」として尿の鑑定書の証拠能力を否定した。
 弁護側によると、検察側は論告をしなかったという。弁護人は「違法に集められた証拠を排除した本判決を、人権保護の観点から高く評価する」とした。
 前橋地検は「判決内容を詳細に検討し、適切に対応したい」とコメントし、県警は「判決が確定していないため、現時点ではコメントを差し控える」とした。
(2017年6月20日(火) AM 06:00 上毛新聞)

錯乱状態で拘束→尿検査陽性→覚醒剤使用で逮捕→裁判所・錯乱してなかったと判断→「違法捜査」と無罪

 覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた群馬県高崎市の配管工の男性(41)について、前橋地裁高崎支部(永井秀明裁判官)は県警の捜査方法に問題があったとして証拠の採用を却下し無罪判決を言い渡した。19日付。男性は昨年1月8日ごろ、同市剣崎町の自宅で覚醒剤を使用したとして逮捕、起訴されていた。
 判決文などによると、男性は同月9日午後、同市内において通報で駆けつけた複数の高崎署員から職務質問を受けた。その際、頬が痩せこけ肌の色に生気がないなどの身体的特徴により覚醒剤の使用を疑われ、尿の提出を求められた。それを拒否した男性が興奮し大声を出したため、錯乱しているとして同署に強制保護名目で拘束された。尿鑑定の結果は陽性だった。
 ところが男性が職務質問中に弁護士と連絡をとり、その指示で撮影した動画や目撃者らの証言などから錯乱状態になかったと認定。永井裁判官は3月15日の証拠決定で令状なしの身体拘束について手続き上違法と指摘。県警が作成した尿の鑑定書は手続き上重大な違法があるとして却下した。
 男性の弁護士は「違法収集証拠を排除した本判決は、人権保障の観点から高く評価される」と話した。県警は「判決は確定ではないので、現時点でのコメントは差し控える」とした。
(2017.6.21 10:35 産経ニュース)

PDF

主文
被告人は無罪。
理由
本件公訴事実は,主位的訴因が「被告人は,法定の除外事由がないのに,平成2
8年1月8日ころ,群馬県高崎市内の当時の被告人方において,覚せい剤であるフ
ェニルメチルアミノプロパンの塩類若干量を含有する水溶液を自己の身体に注射
し,覚せい剤を使用した。」というものであり,予備的訴因が「被告人は,法定の
除外事由がないのに,平成27年12月下旬ころから平成28年1月9日までの間
に,日本国内において,覚せい剤であるフェニルメチルアミノプロパン又はその塩
類若干量を自己の身体に摂取し,覚せい剤を使用した。」というものである。
被告人は,警察官調書(乙4)において,主位的訴因を認める供述をし,第11
回公判期日において,予備的訴因を認める供述をし,その期間内に国外にいたこと
はなく,群馬県外にいたこともないと供述している。
これらの自白を除く証拠によって認められる事実としては,平成28年1月14
日当時被告人の右腕部内側に注射痕が存在した事実(捜査報告書・甲4),被告人
は,同月9日午後6時50分過ぎころ,一見して頬がやせこけ,生気のないような
肌の色で,目がややぎらついたような覚せい剤を使用した者に見られる状態であっ
た事実(証人Aの公判供述,証人Bの第3回公判供述)が存在し,これらの事実
は,過去に被告人の体内に覚せい剤が摂取された可能性があるという限度では,上
記自白の真実性を裏付けるものではある。
しかし,当裁判所は,被告人の体内に覚せい剤が摂取されたことを直接立証する
被告人の尿の鑑定書について,平成29年3月15日付け証拠決定により,尿の採
取手続に重大な違法があるとして,検察官の同鑑定書取調請求を却下した。その理
由は,同決定書記載のとおりである。そうすると,主位的訴因の日又は予備的訴因
の期間内に,被告人の体内に覚せい剤が摂取された事実については,上記自白の真
実性を保障するに足りる補強証拠は存在しないというべきである。
よって,本件公訴事実は,主位的訴因,予備的訴因いずれについても,犯罪の証
明がないので,刑事訴訟法336条により,無罪の言渡をする。
平成29年6月19日
前橋地方裁判所高崎支部
裁判官 永井秀明

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます