報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

<木更津女児2人死傷事故>運転男に禁錮3年6月 裁判長「過失非常に重大」 千葉地裁

 木更津市の県道交差点で昨年4月、登校中の市立岩根小3年の女児2人が軽乗用車にはねられ死傷した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた元ホテル従業員、高山登被告(49)の判決公判が4日、千葉地裁木更津支部であり、山口均裁判長は禁錮3年6月(求刑禁錮5年6月)の判決を言い渡した。
 判決理由で山口裁判長は、女児2人は信号表示に従って横断歩道を渡っていたが、「突然被害に遭ったものであり、当然何らの落ち度もない」と指摘。考え事をしながら漫然と運転し、現場までの数百メートルを信号表示などに一切注意を払っておらず、「過失は一瞬の見落としなどの通常の信号看過とは大きく異なり、非常に重大」と批判した。
 また、高山被告の精神障害について、事故に一定の影響があったとしたが、「その影響は大きくない」と認定した。
 弁護側は1月に行った弁論で、今後運転をしないと誓約したとして「事故を起こすことは皆無で、社会での更生が必要」と執行猶予付き判決が妥当と主張していた。
 判決によると、昨年4月23日午前7時15分ごろ、同市江川の県道で、軽乗用車を運転し、前方の赤信号に気付かないまま交差点を直進。横断歩道を歩いて渡っていた女児2人をはねて、安藤音織(ねおり)さん=当時(8)=を死亡させ、もう1人の意識は戻っていない。
 ◆到底納得できない 意識不明女児の両親怒り
 判決を受け、意識不明の状態が続いている女児の両親は、代理人弁護士を通じて「幼い2人の未来を奪って禁錮3年6月では、到底納得できない」とするコメントを発表した。
 判決によると、女児は事故後一度も意識を回復することはなく、延命治療が続けられているという。両親は「何年の判決であっても被告を許すことはない」と厳しい処罰感情を示した。女児は懸命に命をつないでいるとして「娘と一日でも長く一緒にいたいとの思いだけで日々を過ごしている」と明かした。
 死亡した安藤さんの両親の代理人弁護士によると、両親は判決について「納得いかない。でもしょうがない」と話しているという。
(3/5(木) 12:15 千葉日報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます