報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

弟に頼まれ殺害 女性に猶予判決 地裁 /千葉

 同居していた弟に頼まれ殺害したとして、嘱託殺人罪に問われた船橋市の仙石悦子被告(73)に対し、千葉地裁(平手健太郎裁判官)は10日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役3年)の判決を言い渡した。
 判決によると、仙石被告は2019年12月31日ごろ、同居していた弟(当時70歳)から、自分を殺してほしいとの依頼を受け、首をロープで絞めて殺害した。弟は12月ごろからうつ病の症状が悪化していた。平手裁判官は被告が長年弟の介護に追われており「殺害を実行したことは相応の非難を免れないが、追い詰められた上でのものであり、強い非難まではできない」として執行猶予を付けた。【秋丸生帆】
(2020年7月11日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます