報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

【独自】強制性交、男性に無罪判決 女子中学生核心語らず 千葉地裁

 13歳未満の女子中学生とわいせつな行為をしたとして、強制性交の罪に問われた40代の男性会社員の判決公判が26日、千葉地裁で開かれた。金子大作裁判長は行為の核心部分について女子中学生から明確な説明がないなどとして、無罪(求刑懲役7年)の判決を言い渡した。
 男性は2018年6月、県中央部の住宅で、女子中学生が13歳未満であると知りながら性交したとして起訴され、公判では行為の存否が争点となっていた。
 金子裁判長は判決で、行為があったとする女子中学生の捜査段階の説明が公判で「事実はない。(ビデオ通話で友人に見せるため)性交のふりをするよう頼んだ」などと変遷した点を提示。捜査段階の説明も当時の記憶が十分に喚起された内容ではなく、核心部分に迫っていないと指摘した。
 ビデオ通話を見た友人の説明に関しては、事実認定につながる具体的な要素がなく、当時の記憶も同様のビデオ通話があった別の日のものと区別できていないと評価。男性がどのように性交に及んだかなどが特定できないことから、起訴内容については「犯罪の証明がない」と結論付けた。
 弁護側は「こちらの主張が認められた。正当な判決だ」と受け止め、千葉地検は「判決内容を精査し、適切に対処したい」とコメントした。
(11/27(金) 11:55 千葉日報)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます