報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

計画性は認めず 千葉地裁「うつ病影響小さい」 木更津市議殺害懲役15年判決

 木更津市議の石川哲久さん=当時(71)=が昨年3月に殺害された事件で7日、殺人罪などに問われた娘婿の祥一被告(45)に懲役15年(求刑懲役17年)の判決が言い渡された。千葉地裁は「残忍な犯行」とした一方で、犯行の計画性については認めなかった。
 判決理由で平塚浩司裁判長は「哲久さんに胸ぐらをつかまれ馬乗りされた状態から攻撃した」という被告の証言を否定。室内外に多量の血痕があり被告に目立ったけががなかったことから「相当強烈な攻撃を一方的に繰り返し加えた」と指摘した。
 一方、「(哲久さん方)訪問の目的は殺害ではなく、妻との離婚について哲久さんと話し合うため」という弁護側の主張を認め、犯行に計画性はないとした。持参した複数の凶器も、離婚を指示したと考えていた哲久さんに対して「無理に脅してでも、離婚を撤回させたい」という強い意思の表れだったとした。
 弁護側は、うつ病の影響で犯行時に正常な精神状態ではなかったとし、10年を下回る懲役が妥当と訴えていた。裁判長はうつ病が被告の市議会議員選挙出馬を巡る家庭内トラブルの一因となったことは否定できないとしたが、「犯行前後の合理的な行動を見ても影響は小さい」と述べた。
(10/8(木) 11:45 千葉日報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます