報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元宝塚スターの母に有罪判決 ファンクラブ運営で脱税

 宝塚歌劇団の元星組トップスター、北翔海莉さんの私設ファンクラブを運営し、所得税約4781万円を脱税したとして、所得税法違反の罪に問われた北翔さんの母で会社役員の吉野博子被告(67)に千葉地裁は5日、懲役10月、執行猶予3年、罰金1000万円(求刑懲役10月、罰金1500万円)の判決を言い渡した。 判決理由で佐藤哲郎裁判官は「ファンクラブ運営を一手に管理し、利益が生じていたことを認識しており、厳しい非難は免れない」と指摘。一方で「既に税の納付を済ませ、反省している」と、執行猶予を付けた。
 吉野被告は初公判で起訴内容を認め、弁護側は「納税義務を認識していなかった」として執行猶予付きの判決を求めていた。
 起訴状によると、平成28年、ファンクラブ運営で計約1億1700万円の収入があったのに申告せず、所得税を納めなかったとしている。
(2019.9.5 13:50 産経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます