報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

千葉放火殺人で3人実刑 千葉地裁

 千葉県印西市の海老原よし子さん(当時55)を昨年2月、自宅で焼死させたとして、殺人と現住建造物等放火の罪に問われた男女3人の裁判員裁判で、千葉地裁は12日、懲役20〜16年の判決を言い渡した。
 通信制高校生、金崎大雅被告(22)が求刑通り懲役20年、無職、仲内隼矢被告(22)が懲役18年(求刑懲役20年)、無職、菅野弥久被告(22)が懲役16年(求刑懲役17年)。
 判決理由で前田巌裁判長は「被害者が逃げたり助けを求めたりできない状態にして火を放ち、犯行態様は無慈悲にして残忍非道」と指摘。共謀を否定し、無罪を主張した金崎被告と菅野被告については、いずれも「灯油がまかれ、放火すれば被害者を焼死させると認識していた」と判断した。その上で、金崎被告が主導し仲内被告が火を付ける実行行為を担ったと認定した。
 判決によると、3人は共謀し、昨年2月17日、海老原さんが金崎被告のカップ麺を食べたことを認めないとして暴行、海老原さんや布団などに灯油をまき、ライターで火を付けて木造平屋を全焼、焼死させた。〔共同〕
(2019/12/12 21:02 日経新聞)

印西市の放火殺人事件 男女3人に懲役20年から16年の判決 千葉

 去年、千葉県印西市で住宅に火をつけ女性を殺害したとして殺人と放火の罪に問われた男女3人に対し、千葉地方裁判所は「無慈悲で残忍な犯行だ」として男2人に懲役20年と懲役18年、女に懲役16年の判決を言い渡しました。
 定時制高校に通っていた金崎大雅被告(22)、無職の仲内隼矢被告(22)、それに無職の菅野弥久被告(22)は去年2月、千葉県印西市の住宅に火をつけ、この家に住んでいた海老原よし子さん(55)を殺害したとして殺人と放火の罪に問われました。
 これまでの裁判で金崎被告と菅野被告の弁護士は「殺意もなく共謀もなかった」などとして無罪を主張していました。12日の判決で、千葉地方裁判所の前田巌裁判長は「灯油を準備したり、逃げられないように手足を縛ったりするなど、それぞれ役割を果たしている」などと述べ、3人は共謀していたと認定しました。
 そのうえで、「被害者の家に住まわせてもらうなど便宜をはかってもらいながら、ささいなことから殺害した。恩をあだで返したもので無慈悲で残忍な犯行だ」として金崎被告に懲役20年、仲内被告に懲役18年、菅野被告に懲役16年の判決をそれぞれ言い渡しました。
(2019年12月12日 19時16分 NHK)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます