報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

絶滅危惧種のサルを密輸 男に猶予刑判決 千葉地裁「種の存続を脅かす行為の助長に」

 ワシントン条約で絶滅の恐れがあるとして、国際取引が規制されているサルの仲間のレッサースローロリス4匹を輸入しようとしたとして、関税法違反罪に問われた又来晃被告(54)の判決公判が6日、千葉地裁で開かれた。佐藤傑裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年、罰金50万円(求刑懲役1年6月、罰金50万円)を言い渡した。
 佐藤裁判官は「こうした犯行が乱獲など、種の存続を脅かす行為の助長につながる」と厳しく批判。一方、犯行が未遂にとどまっている点などを考慮し、執行猶予刑とした。
(2018.3.7 11:29 産経ニュース)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます