報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

無罪一転、罰金40万円 剣道部員殴打の中学教諭 差し戻し審判決

 剣道部の部活指導中、高校生の男子部員=当時(15)=を殴ってけがをさせたとして、傷害罪に問われた中高一貫の東京学館浦安中学教諭、柴田昌和被告(40)の差し戻し審判決公判が23日、千葉地裁であった。藤井俊郎裁判長は「指導として許容される範囲を逸脱したものである」として、罰金40万円(求刑懲役6月)を言い渡した。1審千葉地裁判決は無罪を言い渡していたが、覆った形だ。
 判決によると、柴田被告は平成24年6月、同校剣道場で、男子部員の口元を小手をつけた拳で2回殴り、口の中を切るなどの全治約1週間のけがを負わせた。
 藤井裁判長は、事件の起こった日の夜に男子部員の父親が撮った傷口の写真などから暴行を認定。弁護側の「男子部員の供述が変遷しており不自然」とする主張を退けた。
 同裁判は、28年3月に同地裁が男子部員の供述の不自然さを指摘して無罪を言い渡したが、2審東京高裁は同年9月、「部員の供述は具体的で1審判決は不合理」と判断。1審判決を破棄し審理を同地裁に差し戻していた。 
 柴田被告の弁護士は「控訴するかどうかは判決を分析してから考える」としている。
(2018.3.24 11:15 産経ニュース)

浦安の剣道部員傷害 40歳教諭に罰金刑 地裁差し戻し審 /千葉

 浦安市の私立中高一貫校で2012年、当時1年生の剣道部員を指導中に殴ってけがをさせたとして傷害罪に問われた教諭の柴田昌和被告(40)の差し戻し審で、千葉地裁(藤井俊郎裁判長)は23日、罰金40万円(求刑・懲役6月)の判決を言い渡した。
 差し戻し前の1審・千葉地裁は、被害生徒の証言が信用できないとして無罪としたが、2審・東京高裁は証言が具体的だとして1審判決を破棄し、審理を差し戻した。
 藤井裁判長は、被害生徒の証言について「被害の訴えを聞いた父の供述やけがの写真などによって強く裏付けられる」と指摘。弁護側は、生徒が父にうそをついた可能性があると主張したが、判決は「具体的ではない」と退けた。その上で「指導の範囲を逸脱した。(暴行を)繰り返したこともうかがわれる」と述べた。
 差し戻し審判決によると、柴田被告は12年6月、剣道部員の口元を2回殴り、全治1週間の軽傷を負わせた。【斎藤文太郎】
(2018年3月24日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます