報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

佐倉集団リンチ死>3被告に無罪判決 地裁「共謀認められず」

 千葉県佐倉市で2016年7月、四街道市大日の無職、栗田容さん=当時(53)=が複数人から暴行を受けて死亡した事件で、傷害致死の罪に問われた佐倉市の運転手男性(43)ら3被告の裁判員裁判の判決公判が29日、千葉地裁で開かれ、松本圭史裁判長は「暴行を加えたことや共謀成立の事情は認められない」としていずれも無罪(求刑・懲役7年)を言い渡した。
 他に無罪判決だったのは印西市の会社員男性(43)と佐倉市の外構業男性(47)の両被告。公判での争点は、男性被告らの栗田さんへの暴行と実行犯とされる男たちとの共謀の有無だった。判決で松本裁判長は、暴行を目撃したとする関係者の供述を「曖昧で記憶の正確性に疑問を抱かせる」と退けた。
 千葉地検の互敦史次席検事は「判決内容を精査し、適切に対処したい」とコメントした。
(1/30(火) 12:40 千葉日報)

佐倉の暴行死で3被告に無罪判決 千葉地裁

 平成28年7月、千葉県四街道市の無職、栗田容さん=当時(53)=が暴行を受けて死亡した事件で、傷害致死罪に問われた佐倉市の男性(43)ら男性3人に対する判決公判が29日、千葉地裁であった。松本圭史裁判長は「被告人らの供述は信用性に乏しく、暴行を加えたとは認められない」として、3人に無罪判決(いずれも求刑懲役7年)を言い渡した。この事件での無罪判決は3例目。
 判決によると、男性は28年7月23日夜、栗田さんとトラブルになった佐倉市の男の自宅付近に行ったところ、別の知人男性らと栗田さんの間で何らかのトラブルになり、知人男性らは栗田さんに殴る蹴るの暴行を加え、死なせた。検察側は男性と知人らに共謀があったなどと主張していた。
 千葉地検の互敦史次席検事は「判決内容を精査し、適切に対処したい」とコメントした。
(1/30(火) 11:50 産経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます