報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

<印西両親放火殺害>長男に懲役27年 地裁「危険で残虐な犯行」

 2016年7月、千葉県印西市岩戸の建築関係会社「篠田興業」から出火し70代の夫婦の焼死体が見つかった事件で、殺人と現住建造物等放火、覚醒剤取締法違反の罪に問われた長男で同社役員の篠田卓良被告(48)の裁判員裁判で、千葉地裁(楡井英夫裁判長)は28日、責任能力を認め「危険かつ残虐な犯行」として懲役27年(求刑・無期懲役)の判決を言い渡した。
 公判で、弁護側は「ライターで点火しておらず、覚せい剤の影響で心神喪失の状態だった」と無罪を主張していた。
 判決で、楡井裁判長は「私が火を付けた」と事件直後に発言したことや、現場の状況などから「篠田被告がライターで点火した」と指摘。その上で覚醒剤の影響は少なく「完全責任能力があった」として有罪を認定した。「落ち度のない2人を殺害するなど結果が極めて重大」と非難。一方で「会社経営を巡って両親と口論になったことで、突発的に殺意が生じたものの、強くはなかった」と量刑理由を述べた。
 判決によると、篠田被告は16年7月上旬〜14日にかけて、県内または周辺で覚醒剤若干量を使用。同日午後5時45分ごろ、木造2階建て社屋兼住宅内で、同社員の父、浩一さん=当時(75)=と同社役員の母、弘子さん=同(70)=にガソリンをまき、持っていたライターで火を放ち家屋約151平方メートルを燃やして2人を焼死させた。
(11/29(水) 10:02 千葉日報)

自宅放火で両親殺害の男に懲役27年の判決 千葉地裁

 覚醒剤を使用し、平成28年7月に千葉県印西市の自宅に放火し同居する両親を殺したとして、殺人と現住建造物等放火などの罪に問われた建築会社役員、篠田卓良被告(48)に対する裁判員裁判の判決公判が28日、千葉地裁であり、楡井英夫裁判長は篠田被告の刑事責任能力を認定。懲役27年(求刑・無期懲役)の判決を言い渡した。
 楡井裁判長は判決理由で、「意図的な着火以外の原因によりガソリンに引火した可能性は相当低い」と指摘。弁護側が主張していた静電気などによる自然発火の可能性を否定。
 また、篠田被告が犯行当時、急性覚醒剤中毒症状で、刑事責任能力が無かったという主張も退けた。
 その上で、「何の落ち度のない両親にガソリンをかけて、点火し焼殺した残虐な犯行で、結果も重大」と指摘した。
 判決によると、篠田被告は28年7月上旬〜14日の間、覚醒剤を摂取したほか、14日に印西市の自宅で父の浩一さん=当時(75)=と弘子さん=当時(70)=に対しガソリンをかけた上で持っていたライターで火をつけ、自宅を全焼させ殺害した。
(11/29(水) 12:54 産経新聞)

両親放火殺人で懲役27年 完全責任能力を認める

 二〇一六年七月、印西市の自宅に放火し、同居する父母を焼死させたとして、殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた会社役員篠田卓良被告(48)の裁判員裁判で、千葉地裁は二十八日、懲役二十七年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。
 楡井英夫裁判長は判決理由で、「両親にガソリンをかけてライターで点火し、焼殺した犯行は危険かつ残虐」と指摘。「会社経営を巡って両親と口論になったことで、突発的に殺意が生じたものの、強くはなかった」と述べた。
 弁護側は「ガソリンはまいたがライターで点火していない。覚醒剤を使用していて心神喪失状態だった」と無罪を主張した。判決は「事件当時、着火したことを現場で認めており、他の原因による引火の可能性も低い。被告は消火活動も行っており、完全責任能力があった」と退けた。
 その上で「無期懲役を検討すべき事案だが、急性覚醒剤中毒による幻覚などが動機の形成に影響し、責任能力の低下も認められる」などと、有期懲役とした理由を述べた。
 判決によると、篠田被告は一六年七月十四日夕、自宅にガソリンをまいて火を付け、父浩一さん=当時(75)=と母弘子さん=同(70)=を焼死させた。(美細津仁志)
(2017年11月29日 東京新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます