報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

強盗殺人罪は“無罪” 窃盗罪適用懲役6年 「被告運転、合理的疑い」 柏の強盗殺人千葉地裁判決

 柏市内で2013年2月、会社員男性=当時(31)=が奪われた自分の車にはねられ死亡した強盗殺人事件で、強盗殺人や覚せい剤取締法違反などの罪に問われた柏市、無職、板橋雄太被告(30)の裁判員裁判の判決公判が9日、千葉地裁であった。高橋康明裁判長は「被告が男性をはねた車を運転していたとするには合理的な疑いが残る」と強盗殺人罪について“無罪”との判断を示し、車を盗んだ窃盗罪を認定。そのうえで懲役6年(求刑・無期懲役)を言い渡した。
 高橋裁判長は判決で、板橋被告が車を運転していたとする男3人の証言の信用性を検討。男らの人間関係や、うち1人から2人に虚偽の証言をする働き掛けがあった可能性などを指摘し、「虚偽の証言をする動機があった。その信用性に疑問が残り証言をうのみにすることはできない」と述べた。
 ◆千葉地検「予想外で驚き」
 千葉地検の金沢勝幸次席検事は「予想外の判決で驚いている。判決内容を精査し、上級庁と協議して適切に対応したい」とのコメントを発表した。
(2015年7月9日 19:51 千葉日報)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます