報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「所持品検査の限度超える」 大麻所持事件で無罪判決

 仙台地裁(島田環裁判官)は18日までに、大麻取締法違反(所持)の罪に問われた仙台市の男性(27)の判決で、警察官による職務質問時の所持品検査の手続きに「令状主義の精神を没却する重大な違法」があったとして無罪を言い渡した。判決は15日。
 男性は昨年4月、仙台市青葉区のコンビニ駐車場に止めた車内で、大麻を持っていたとして起訴された。
 島田裁判官は判決理由で、警察官が職務質問をした際、男性が車内の検査を拒否したにもかかわらず、捜索差し押さえ令状がないまま車のドアを開けたと指摘。「了承なくドアを開ける緊急性はなく、任意の職務質問に付随する所持品検査の許容限度を超える」とした。
 令状が執行されるまでの約5時間、男性を駐車場にとどめたことも違法とし、一連の県警の手続きを「そもそも令状主義の規定を守ろうとする意識に欠けていた」と指摘した。
(2021.1.18 18:17 産経新聞)

男性を令状なく5時間留め置く、大麻押収手続きは違法…地裁が無罪判決

 仙台市内で大麻を所持していたとして大麻取締法違反に問われた男性(27)に、仙台地裁(島田環裁判官)が、捜索令状のないまま行った押収手続きが違法だったとして無罪判決(求刑・懲役1年6月)を言い渡していたことがわかった。判決は15日付。
 起訴状などによると、男性は昨年4月頃、仙台市青葉区内のコンビニエンスストアの駐車場に止めた車内で大麻を所持していたとされる。
 判決では、警察官3人が車内にいた男性を職務質問し、車内の確認を拒んだ男性の許可なくドアを開けた。その後、逃走を試みた男性を路上に押しつけるなどし、捜索令状が執行されるまでの約5時間にわたり、男性を駐車場に留め置いた。
 島田裁判官は「職務質問のために許される停止行為の限度を超えた強制手段」と指摘し、「押収手続きに違法があり、証拠は排除されるべきだ」などとした。
 仙台地検の菱沼洋次席検事は「判決内容を精査し、適切に対応したい」とのコメントを出した。
(2021/01/19 06:57 読売新聞)

このページへのコメント

素晴らしい

0
Posted by 昭和60月1月14日生まれの巡査部長の太田和也 2021年01月26日(火) 14:51:00 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます