報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

2歳児放置死、母親に懲役10年 仙台地裁

 仙台市で昨年6月、自宅に2歳の娘を放置したまま外出し、死亡させたとして保護責任者遺棄致死罪に問われた母親で飲食店従業員、土屋りさ被告(26)の裁判員裁判の判決公判が17日、仙台地裁(大川隆男裁判長)で開かれた。大川裁判長は土屋被告に懲役10年(求刑同)を言い渡した。 
 判決理由で大川裁判長は「わずかな飲食物を残したのみで幼い子供を置き去りにしたことはきわめて危険で無責任。結果も重大だ」と指摘。「幼い子供が長期間放置されて受けた苦痛や絶望は痛ましく、犯行に至る経緯や動機も悪質。同罪の中でも類例が少ない重い部類に属する」とした。
 判決によると、土屋被告は昨年6月21日、2歳11カ月だった娘の陽璃(ひなた)ちゃんを自宅に置き去りにしたまま約9日間にわたって外出。同月末ごろに陽璃ちゃんを低体温症などにより死亡させた。
(2020.3.17 17:00 産経新聞)

2歳娘を放置死 母親に懲役10年 地裁判決 /宮城

 自宅の居間に娘(当時2歳)を約9日間にわたって放置し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた飲食店従業員の土屋りさ被告(26)=仙台市青葉区=の裁判員裁判で、仙台地裁(大川隆男裁判長)は17日、懲役10年(求刑・懲役10年)の実刑判決を言い渡した。
 弁護側は土屋被告は外出時、娘を遺棄するつもりはなく、外出期間中も何らかの精神障害の影響で、娘の存在や、娘を自宅に残していることを思い出せなくなっていたと主張。しかし大川裁判長は、土屋被告が以前から娘を一人残して外出することが常態化していたことや、外出直後から交際相手と飲食店での勤務終了後に交際相手宅を訪れる旨のやりとりをしていたことを挙げ、遺棄するつもりで外出したと断定。さらに外出期間中、母親や妹との間で娘に関するやりとりをしていたことや、医師の精神鑑定の結果を踏まえ、精神障害が影響したという弁護側の主張を退け、責任能力があったと認定した。
 大川裁判長は土屋被告の犯行について「極めて危険で無責任」とし、「被害児をかなりの長期間一人自宅に残して放置した点に特徴があり、(刑事責任は)かなり重い部類に属する」と指摘した。
 判決によると、土屋被告は2019年6月21日、仙台市青葉区の自宅居間に少量の食料を置き、台所に通じる出入り口のドアを冷蔵庫で塞いだ上で、娘を置き去りにして外出し、同30日までの間に低栄養状態での低体温症と脱水によって死亡させた。【藤田花】
(2020年3月18日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます