報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

原告は4歳→敗訴→でも訴訟費用は払うべき 地裁が判決

 4歳の時に親が起こした訴訟で原告にさせられたら、敗訴で生じた訴訟費用を子も支払うべきか。こんな争点の裁判で、仙台地裁は11日、「訴訟費用は敗訴の当事者の負担が原則で、未成年者でも同様」との判断を示し、子に約90万円の支払いを命じた。
 国から訴訟費用の支払いを求めて訴えられていたのは、現在18歳の女性。判決によると、女性は仙台市内のマンションに入居後、両親とともに2004〜05年にシックハウス症候群と診断された。両親が不動産会社に損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こし、両親が法定代理人となり女性を原告に加えたが、12年に最高裁で敗訴が決まった。
 一連の訴訟で、両親が求めた鑑定と控訴・上告の費用として計約200万円がかかり、敗訴で父親と女性に支払いが命じられた(母親は死亡)。国は、訴訟が終わるまで支払いを猶予していた訴訟費用を父親と女性に請求。父親は自己破産して支払いを免れたが、女性の分の費用の支払いを拒んでいた。
 裁判で女性側は「親が未成年の子の訴訟費用を負担することが常識」などと主張。支払い義務があるのは女性でなく父親だと訴えたが、村主隆行裁判長は「通常、あくまで親が未成年者のために支払っているだけで、未成年者が支払い義務を負わないということではない」と退けた。
 女性側は、女性が未成年で支払い能力がないことなどを挙げて、「国の訴えは権利の乱用だ」とも主張したが、村主裁判長は「書類を父親が提出しないなど、国の訴えはやむを得なかった」とした。(山本逸生)
(2018年9月11日20時19分 朝日新聞)

当時4歳でも…「訴訟費用支払え」 仙台地裁判決、敗訴原告に命令

 仙台市泉区の分譲マンションで罹患(りかん)したシックハウス(SH)症候群を巡る訴訟で敗訴した提訴時4歳の原告女性(18)に対し、国が鑑定費など訴訟費用の負担を求めた訴訟の判決で、仙台地裁は11日、女性に約92万円の支払いを命じた。
 村主隆行裁判長は「訴訟費用は敗訴の当事者の負担が原則。当事者が未成年者の場合は親が支払うのが通常でも、未成年者が支払い義務を負わないことにはならない」と判断した。
 父親は敗訴後に自己破産して訴訟費用の免責決定を受けた。女性側は提訴時4歳の女性に判断能力はなく、支払い義務は実質的に訴訟を起こした父親が負うと主張していたが、判決は「父親による訴訟行為と女性の訴訟費用の負担(義務)は別問題だ」と退けた。
 判決によると女性は2005年にSH症候群と診断され、父親を法定代理人として東京の大手不動産会社に損害賠償を求める訴訟を仙台地裁に起こした。12年に最高裁で女性の敗訴が確定し、約92万円の訴訟費用は女性の負担とされた。
(2018年09月12日水曜日 河北新報)

このページへのコメント

父親は自己破産して支払いを免れた
父親は敗訴後に自己破産して訴訟費用の免責決定を受けた
・・・。

0
Posted by ほいほい 2018年09月16日(日) 21:07:54 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます