報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

連続わいせつ致傷の元大学職員に懲役18年 仙台地裁「強い非難に値する」

 路上の女性を刃物で脅す手口でわいせつ行為などを繰り返したとして、強制わいせつ致傷などの罪に問われた、仙台市若林区の元東北福祉大職員、油井寛被告(39)の裁判員裁判で、仙台地裁(江口和伸裁判長)は7日、懲役18年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。
 江口裁判長は判決理由で「被害者は尊厳を害され、日常生活に影響が出るほど強い精神的苦痛を受けている」と指摘。「犯行の様子を撮影したほか、未成年の被害者にも躊躇なく犯行に及び、強い非難に値する」と述べた。
 判決によると、油井被告は平成23年6月〜29年8月、仙台市の路上などで、当時10〜30代の女性8人に、背後から近づき刃物を突き付けて脅し、乱暴するなどした。
(2018.8.7 17:57 産経ニュース)

仙台・女性8人暴行判決 元福祉大職員に懲役18年

 帰宅途中の女性8人を脅して性的行為を強いたとして、強制わいせつ致傷罪などに問われた仙台市若林区六丁の目東町、元東北福祉大職員油井寛被告(39)=懲戒解雇=の裁判員裁判判決で、仙台地裁は7日、懲役18年(求刑懲役20年)を言い渡した。
 江口和伸裁判長は「被害女性らは強い恐怖と嫌悪、屈辱を感じ、尊厳を害され、日常生活に影響が生じるほどの大きな精神的苦痛を受けた」と強調。未成年者に対しても犯行をためらわず、常習性も顕著だと指摘し「身勝手極まりない犯行態様は非常に悪質。父親が被害弁償を済ませたことなどを考慮しても、刑事責任は相当重い」と述べた。
 記者会見した女性裁判員は法廷での被告の様子に関し「時折、にやけながら供述する姿を見て事件に向き合っていないと感じた」と言及。男性裁判員は「被害者の苦痛をしっかり受け止め、罪を償った後に社会再起してほしい」と話した。
 判決によると、被告は2011年6月〜17年8月、若林、宮城野両区の路上などで10〜30代の女性8人に背後から近づき、手で口をふさいで刃物を突き付けるなどして脅し、性的行為を強要した。
(2018年08月08日水曜日 河北新報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます