報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

宮城・登米の3人焼死放火、被告に懲役19年 仙台地裁「思慮分別に欠けた犯行」

 宮城県登米市で昨年7月、自宅に放火して全焼させ、妻と子供2人を焼死させたとして、現住建造物等放火の罪に問われた島谷嘉昭被告(41)=同市迫町佐沼=の裁判員裁判判決公判が6日、仙台地裁で開かれ、加藤亮裁判長は「思慮分別に欠けた犯行」として懲役19年(求刑懲役20年)を言い渡した。
 島谷被告が放火後にライターのオイルをまいたかどうかが争点だったが、加藤裁判長は専門家の証言などから、「散布が強く推認される。逮捕直後の被告の供述とも整合する」とした。動機については「判然としないが、家庭のトラブルから突発的に犯行を起こしたとみられる」と指摘。
 その上で、「何ら落ち度のない妊娠中の妻や子2人を死亡させた被害は重大だ」と結論付けた。
 判決によると、島谷被告は昨年7月4日午前2時半ごろ、登米市の自宅の2階和室に敷かれた布団にライターで火を付けてオイルをまき、木造2階建てを全焼させ、妻の美由さん=当時(31)=と長女の真央ちゃん=同(3)、次男の叶佑ちゃん=同(1)=を焼死させた。
(6/6(水) 18:13 産経新聞)

<放火判決>母子3人死亡、41歳夫に懲役19年 仙台地裁

 宮城県登米市で昨年7月に母子3人が死亡した放火事件の裁判員裁判で、仙台地裁(加藤亮裁判長)は6日、現住建造物等放火の罪に問われた夫で父親の無職、島谷嘉昭被告(41)に懲役19年(求刑・懲役20年)の判決を言い渡した。
 判決によると、島谷被告は昨年7月4日未明、自宅の2階寝室に敷かれた布団にライターで火を付けて木造2階建て住宅を全焼させ、妻美由さん(当時31歳)と長女真央ちゃん(同3歳)、次男叶佑(きょうすけ)ちゃん(同1歳)を焼死させた。
 被告は公判で、火を付けたことは認める一方、「(ライターの)オイルをまいたことは覚えていない」と起訴内容の一部を否認していた。加藤裁判長は判決理由で、被告がオイルをまいたと認定し「思慮分別を欠いた犯行だ」と指摘した。【早川夏穂】
(6/6(水) 16:35 毎日新聞)

このページへのコメント

思慮分別があれば、こんな犯行しないだろ・・・

0
Posted by おいおい 2018年06月06日(水) 20:56:35 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます