報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

官製談合 2人有罪…栗原 地裁判決「信頼大きく損なう」

 栗原市発注の工事を巡る官製談合事件で、官製談合防止法違反や加重収賄罪などに問われた同市の元建設部次長佐藤義夫被告(58)と、公契約関係競売入札妨害と贈賄の罪に問われた「米倉設備工業」元専務の米倉智章被告(51)の裁判が13日、仙台地裁であった。加藤亮裁判長は佐藤被告に懲役2年6月、執行猶予4年、追徴金22万8000円(求刑・懲役2年6月、追徴金22万8000円)、米倉被告に懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。
 判決によると、両被告は昨年10月と今年2月に行われた3件の市施設の改修工事の入札で、佐藤被告が最低制限価格の算定基準である設計価格を米倉被告に教え、米倉被告が見返りに佐藤被告宅のレンジフードの設置工事や冷凍庫の販売代金計22万8000円を免除するなどした。
 加藤裁判長は、贈収賄の金額は高くないが「公務や入札制度に対する信頼が損なわれた程度は大きい」と指摘。佐藤被告については、設計価格を繰り返し教示しており「幹部公務員の行動としてあまりに軽率」だと非難し、米倉被告については、今回の犯行の中心的な役割を担ったと認定し「規範意識は相当鈍麻していた」と指弾した。
 一方で、両被告は罪を認め、佐藤被告に対しては市からの懲戒処分が見込まれることや、米倉被告の会社が県や市から公共工事の指名停止処分を受けたことを考慮し、執行猶予付きとした。
 栗原市は13日、佐藤被告を懲戒免職処分にした。千葉健司市長は責任を取り、自身と副市長の給料を1か月減給する考えを示した。
(2018年11月14日 読売新聞)

栗原・官製談合 元建設部次長に有罪判決

 宮城県栗原市が発注した工事を巡る、官製談合事件です。業者に入札情報を漏らし、賄賂を受けた罪などに問われている市の元建設部次長に対し、仙台地裁は、13日に執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
 判決を受けたのは、宮城県の栗原市建設部の元次長佐藤義夫被告(58)です。佐藤被告は、2018年2月栗原市が発注した公共工事の入札情報を設備工事会社の元専務・米倉智章被告に漏らし、その見返りとして自宅を米倉被告に無償でリフォームさせた罪などに問われています。
 13日の判決公判で仙台地裁の加藤亮裁判長は、「繰り返し高額な工事を落札させていて、入札制度の公正や市民の信頼が損なわれた」と指摘。一方で「反省しており、懲戒処分も見込まれている」などとして、懲役2年6か月、執行猶予4年、追徴金22万8000円の判決を言い渡しました。また、贈賄などの罪に問われている米倉被告には、懲役2年、執行猶予4年の判決を言い渡しました。
 この判決を受けて栗原市は、佐藤被告を13日付で懲戒免職としました。千葉健司市長は、「市民の皆様に心からお詫びするとともに、信頼回復と再発防止に努めたい」とコメントしています。
(11/13(火) 19:42 東北放送)

栗原市 官製談合事件 元次長など贈収賄で有罪判決

 公共工事をめぐる官製談合事件で、贈収賄の罪に問われた宮城県栗原市建設部の元次長などに、仙台地方裁判所は13日、有罪判決を言い渡しました。
 判決を言い渡されたのは、収賄などの罪に問われた栗原市建設部の元次長・佐藤義夫被告(58)と、贈賄などの罪に問われた設備工事会社の元役員、米倉智章被告(51)です。
 判決によりますと、佐藤被告は、くりはら交流プラザなど市発注の公共工事2件の設計価格を米倉被告に教え、米倉被告はその見返りに代金を受け取らずに、佐藤被告の自宅のレンジフードの取り付け工事などをしました。
 13日の判決公判で、仙台地裁の加藤亮裁判長は「入札制度への信頼が損なわれた」としながらも「事実を認め反省している」として、佐藤被告と米倉被告にそれぞれ執行猶予4年の付いた懲役2年6カ月と懲役2年の有罪判決を言い渡しました。
(11/13(火) 13:00 仙台放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます