報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「強く非難は酷」難病の息子殺害未遂で母に猶予つき判決
 去年、仙台市の病院で、難病を患い入院していた1歳の三男を殺害しようとしたとして、母親が殺人未遂の罪に問われた裁判で、仙台地方裁判所は「被告は以前に同じ難病で次男を亡くす過酷な経験をし追い詰められていて、強く非難するのは酷だ」として、保護観察のついた懲役3年、執行猶予5年の判決を言い渡しました。
宮城県富谷市の42歳の女性の被告は、去年11月、仙台市青葉区の病院で、難病を患い入院していた1歳の三男の鼻や口を両手でふさぎ殺害しようとしたとして、殺人未遂の罪に問われました。
 三男は医師による救命措置で一命を取り留めました。
 裁判で、検察は懲役5年を求刑し、被告は法廷で「これから息子を一生懸命育てていきたい」と話していました。
 31日の判決で、仙台地方裁判所の小池健治裁判長は「三男は難病を抱えながらも懸命に生きており、楽にするため死亡させようという被告の考えは誤っていた」と指摘しました。
 その一方「被告は、以前に同じ難病で次男を亡くす過酷な経験をし、三男の難病とも向き合い相当に追い詰められていた。強く非難するのは酷な面がある」と指摘して、専門家から定期的に指導を受ける保護観察のついた懲役3年執行猶予5年を言い渡しました。
 判決のあと、裁判長が「今後は周囲のサポートを受けながら、三男に愛情を捧げて罪をつぐなってほしい」と述べると、被告は深々と頭を下げていました。
(5月31日 21時56分 NHK)

難病乳児の母親に猶予判決 殺人未遂罪、仙台地裁
 難病を患う三男(1)を入院先で殺害しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた無職、十倍佐知子被告(42)の裁判員裁判で、仙台地裁は31日、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。被告が2007年に同じ難病で次男(当時4)を亡くす経験をし、事件当時うつ病と診断された点などを考慮し、刑の執行を猶予した。
 一命を取り留めた三男の病気は目や耳の機能が衰え、のみ込む力もなくなる厚生労働省指定の難病。根本的な治療法は確立されていない。
 小池健治裁判長は判決理由で「次男を亡くした過酷な経験から、三男を楽にさせたいとの誤った考えに、うつ症状が影響した」と指摘。「更生には専門家の支援が必要」として、猶予期間中に治療を受けるよう促した。
 判決言い渡し後、小池裁判長は「三男は一生懸命に生きていた。次男と重なっても命を奪うことは許されない。1人で考えず周囲の人を頼りにしてほしい」と説諭した。 弁護側が責任能力の低下を主張していたのに対しては「症状は落ち着いており、著しい影響はない」として、責任能力は十分認められると判断した。
 判決によると、昨年11月17日、仙台市青葉区の宮城県立こども病院で、入院していた三男の鼻と口を両手でふさぎ、心肺停止状態に陥らせた。三男は医師の救命措置で助かった。〔共同〕
(2017/6/1 0:03 日経新聞)

「命の大切さに気付き始めた」 難病1歳児殺人未遂の母 保護観察付き猶予判決 仙台地裁
 遺伝性の難病を患う三男(1)を殺害しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた無職、十倍(とべ)佐知子被告(42)の裁判員裁判の判決公判が31日、仙台地裁であり、小池健治裁判長は「障害を抱える幼い命であっても、全うする大切さに気付き始めた」とし、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役5年)を言い渡した。
 小池裁判長は「被害者は難病を抱えながら限られた命を懸命に生きており、楽にするために死亡させるとの考えは誤っている」と断じる一方、「(同じ難病で)次男を亡くしたつらく過酷な経験を有する被告人にとり、難病と向き合って養育を行う現実を突きつけられ、追い詰められていた」とも述べた。
 完全責任能力を有していたかに疑問があるとする弁護側の主張については、十倍被告の鬱病の症状が当時落ち着いていたことなどを挙げ、「著しい影響は認められない」と退けた。
 判決によると、十倍被告は昨年11月17日、仙台市内の病院で、三男の鼻と口をふさぎ、殺害しようとした。三男は心肺停止状態となったが、一命を取り留めた。
 三男の病気は目や耳の機能が衰え、飲み込む力もなくなる厚生労働省指定の難病で、根本的な治療法は確立されていない。
(2017.5.31 21:51 産経ニュース)

<難病幼児殺害未遂>母親に執行猶予判決
 難病を患い入院中だった三男(1)を殺害しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた母親の被告(42)=宮城県富谷市=の裁判員裁判で、仙台地裁は31日、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
 小池健治裁判長は「殺害すれば、難病の苦しみから楽にしてやれるという誤った考えにとらわれていた」と指摘。「限られた命を懸命に生きる三男の人格を無視し、抵抗できない1歳児の口と鼻を心肺停止になるまでふさいだ危険な犯行」と述べた。
 一方、母親が10年前に同じ遺伝性の難病で当時4歳の次男を亡くした経緯に触れ、「過酷な経験をし、三男も病を発症したことで犯行時は相当追い詰められていた」と情状を酌んだ。
 弁護側は責任能力を争ったが、判決は「うつ病による著しい影響があったとは認められない」と退けた。
 判決によると、母親は2016年11月17日朝、仙台市青葉区の宮城県立こども病院で、三男の口と鼻を両手でふさいで殺害しようとした。三男は一時心肺停止状態となったが、一命を取り留めた。三男は体調を崩して事件の2日前に入院し、母親が付き添っていた。
 三男の難病は遺伝子の異常によって体内で作られる酵素が不足し、発症する。3〜4歳で死亡する例が多く、根本的な治療法はない。国内では8万〜10万人に1人が罹患(りかん)するとされる。
(2017年06月01日木曜日 河北新報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます