報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

投資詐欺、2審も懲役9年 高配当うたい被害3億円

 自身が経営する会社に出資すれば高配当があると虚偽の投資話を持ち掛けて約3億円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた盛岡市の会社社長、中里浩幸被告(52)の控訴審判決で、仙台高裁は18日、懲役9年とした2審盛岡地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。
 嶋原文雄裁判長は判決理由で「被害額が極めて高額で、刑事責任は相当重い」と指摘。量刑が重すぎるとの弁護側の主張を退けた。
 判決によると、平成27年3〜11月、岩手、秋田、静岡、広島、熊本の5県の男女12人に「出資すれば毎月5%の配当金が支払われ、元金は確実に返還される」などとうそをつき、計約3億円をだまし取った。
(2018.9.18 19:54 産経ニュース)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます