報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「幼稚園で他の園児から暴行受け退園」 仙台高裁が原告の請求棄却

 幼稚園で他の園児から暴行を受け、退園を余儀なくされたとして、福島市の女児(9)と両親が園を運営する学校法人福島学院(福島市)に慰謝料など約185万円の支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁は27日、請求を棄却した福島地裁判決を支持、女児側の控訴を棄却した。
 小川浩裁判長は「暴行の事実関係を認めるに足る十分な証拠がない。園側の不法行為責任は具体的な過失に基づかねばならず、結果責任を負担させるものではない」とした。
 判決によると、女児は2012年10月、福島市の福島学院大付属幼稚園(現認定こども園)に入園。特定の園児から日常的に暴力などを受けているとして、父親が園に対策などを要望したが、女児は14年1月、左目の下に爪が当たってけがをし、同年5月に退園した。
(2018年07月28日土曜日 河北新報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます