報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女子園児10人に強制わいせつ 仙台高裁は元保育士の男の訴えを棄却 二審も懲役15年

 女子園児10人にわいせつな行為をした罪で、懲役15年の一審判決を受けた元保育士の男の控訴審で、8日、仙台高裁は男の訴えを棄却しました。
 強制わいせつなどの罪で、8日、二審判決を受けたのは仙台市宮城野区幸町の元保育士、阿部亮太被告(28)です。
 一審判決によりますと阿部被告は、2015年以降、勤務していた仙台市青葉区内の保育園で、当時3歳から6歳までの女子園児10人に、わいせつな行為を繰り返しました。
 仙台地裁は懲役15年の判決を言い渡し、弁護側は精神鑑定を採用しなかった一審の手続きは違法などとして控訴しました。
 二審は、先月の初公判で結審しました。
 8日、仙台高裁の嶋原文雄裁判長は「被告は、結局悪いことと知りながら、園児たちを性欲のはけ口として犯行に及んでいて、精神鑑定を採用しなかったことに問題はない。」
 今回の併合罪の上限である懲役15年の一審判決は重すぎるとは言えないとして、阿部被告の控訴を棄却しました。
(2/8(木) 19:50 仙台放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます