報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

記念館廃止差し戻し=新渡戸家の訴え認める−仙台高裁

 著書「武士道」で知られる教育者・新渡戸稲造の遺品などを展示する青森県十和田市の市立新渡戸記念館をめぐり、新渡戸家側が市を相手に廃止処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が23日、仙台高裁であった。小川浩裁判長は請求を却下した一審青森地裁判決を取り消し、審理を同地裁に差し戻した。
 新渡戸記念館は1965年に開館した。新渡戸家の土地に市が記念館を建てて資料を展示していたが、耐震診断で強度不足が判明。記念館の設置や管理を定めた条例を廃止するため、2015年6月に廃止条例を制定した。
 一審判決は、公の施設について制定された条例に対し、個人が取り消しを請求できる法的根拠はないとして訴えを却下した。
 高裁判決で小川裁判長は、新渡戸家と市が遺品などの保管で覚書を交わし、市の文化財として保全に努力することを約束したなどと指摘。廃止条例は新渡戸記念館のみが対象で、直接影響を受けるのは新渡戸家に限定されると判断し、訴えを適法と認めた。その上で、廃止条例制定の違法性について審理を尽くす必要があると結論付けた。
(2017/06/23-19:21 時事ドットコム)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます