報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

警官が侵入者取り違え、弁護士刺殺 県に賠償命じる判決

 秋田市で2010年、弁護士の津谷裕貴(つやひろたか)さん(当時55)が自宅に侵入した男(75)=無期懲役が確定=に刺殺された事件で、遺族が国家賠償を求めた訴訟の控訴審判決が13日、仙台高裁秋田支部であった。山本剛史裁判長は一審・秋田地裁判決を覆し、秋田県に賠償を命じる逆転判決を言い渡した。
 判決によると、事件当時、現場には秋田県警の警察官2人が駆けつけたが、男から拳銃を奪い取った津谷さんの手首をつかみ、その間に侵入した男が刃物を取ってきて津谷さんを刺して殺した。控訴審判決は、警察官が男を侵入者と識別し、津谷弁護士に加勢していれば、男を制圧して逮捕できた可能性が高いなどと認定。警察官が安全保護義務に違反したとして、県に賠償を命じた。
 地裁判決は、警察官が津谷さんを侵入者と認識したことについて「当時の状況に照らすと不合理ではなく、非難できない」として不法行為にあたらないと結論づける一方、男に約1億6480万円の賠償を命じた。男は控訴したが、控訴審判決は男の控訴を棄却した。(渡部耕平)
(2019年2月13日15時36分 朝日新聞)

津谷弁護士殺人事件控訴審 一審判決変更、秋田県警の過失認定

 秋田市の弁護士津谷裕貴さん=当時(55)=が2010年11月、自宅で菅原勝男受刑者(74)=殺人罪などで無期懲役=に刺殺されたのは現場に駆け付けた警察官の不手際が原因だとして、遺族が秋田県と菅原受刑者に慰謝料など計約2億2300万円の支払いを求めた国家賠償訴訟の控訴審判決が13日、仙台高裁秋田支部であった。山本剛史裁判長は県への請求を棄却した秋田地裁一審判決を一部変更し、遺族側の主張を認め、県警側の過失を認定した。
(2019年02月13日水曜日 河北新報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます