報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

死亡親子の年金窃取 男に懲役3年6月判決 静岡地裁浜松支部

 浜松市天竜区の山中で遺体で見つかった女性=当時(83)=と、その息子=当時(55)=の年金を不正に引き出したなどとして窃盗や詐欺の罪に問われた浜松市生まれ、住所不定、無職の男(48)の判決公判で静岡地裁浜松支部は20日、懲役3年6月(求刑懲役4年6月)を言い渡した。
 判決理由で笹辺綾子裁判官は、男が親子の死亡を認識しながら、同罪で公判中の女(49)が預かっていた親子のキャッシュカードを使って現金を引き出したとした上で、「親子の女に対する信頼を悪用した」と指摘した。女の従属的な立場だったとしながらも「現金を引き出す重要な役割を果たした」と述べた。
 判決によると、2018年6月〜20年4月、女と共謀の上、遺体で見つかった親子それぞれのキャッシュカードを使って現金約460万円を引き出し、19年7月〜20年3月、自動車販売会社から自動車3台(計325万円相当)をだまし取った。
(1/21(木) 9:36 静岡新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます