報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

幼児絞殺の母親に猶予判決 静岡地裁浜松支部

 浜松市の自宅で昨年1月、当時3歳の長男の首をタオルで絞め、窒息死させたとして殺人罪に問われた鈴木早紀被告(39)の裁判員裁判で、静岡地裁浜松支部(山田直之裁判長)は29日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
 弁護側は「うつ病の影響で、犯行を思いとどまることが著しく困難だった」と主張。事件後に自ら通報したことから自首が成立するとして、執行猶予付きの判決を求めていた。
 判決によると、鈴木被告は昨年1月29日正午ごろ、長男大貴ちゃんの首をタオルで絞め、窒息死させた。
(2020.1.29 16:47 産経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます