報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

浜松一家4人殺傷、無期判決 地裁支部、長男の責任能力認定

 浜松市北区三幸町の自宅で2016年4月、両親と姉、祖母をナイフで刺して3人を殺害したなどとして、殺人と殺人未遂の罪に問われた長男(32)の裁判員裁判判決公判で、静岡地裁浜松支部は21日、責任能力を完全に認めた上で、「強固な殺意に基づく計画的な犯行。結果は極めて重大」などとして、求刑通り無期懲役を言い渡した。
 山田直之裁判長は、争点となった妄想性障害の犯行への影響について、「障害が犯行の誘因となったことは否定できないが、直接の影響を与えていない」と判断し、「心神耗弱の状態にあった」とする弁護側の主張を退けた。
 動機に関して「1人で死ぬと会社でいじめに遭っていたことを家族に知られて恥ずかしいなどと考え、殺害を決意した」と認定し、「自分本位で自己中心的」と非難した。いじめの被害妄想と家族殺害の決意について、「一見飛躍があるようにも思われるが、自尊心が強く極端な行動に出やすい性格を前提にすれば、合理的に説明できる」と述べた。両親が勤務中であることを確認した上で就寝中の祖母と姉を一人ずつ殺害したなどとして計画性も指摘した。
 主任弁護人の仙道朋也弁護士は「動機の認定にふに落ちない点がある。控訴は未定だが、判決を精査して結論を出したい」と述べた。静岡地検は「責任能力や量刑について妥当な判断だと受け止めている」とのコメントを出した。
 判決によると、被告は16年4月22日未明、自宅で祖母=当時(83)=と姉=同(32)=、母=同(62)=をサバイバルナイフで刺して殺害し、父(61)に重傷を負わせた。
 ■重傷の父、じっと見守る
 父親(61)は、長男の判決を傍聴席最前列でじっと見守り、無期懲役が言い渡されると大きく息をはき出した。公判の証人尋問では「罪を軽くしてとも重くしてとも思わない」などと複雑な胸中を語っていたが、閉廷後は報道陣に「何も言うことはないです」と声を詰まらせながら答えた。
 被告は、求刑通りの判決を終始表情を変えずに聞き入った。入廷から退廷まで父親と視線を合わせることもなかった。
 閉廷後、裁判員5人と補充裁判員1人が記者会見に応じた。20代の男性裁判員は「父親の立場になって考えると複雑な気持ちになった」と語った。70代の男性裁判員は「罪を償い、父親と一緒に家族の墓参りをしてほしい」と思いを述べた。
(7/22(土) 7:43配信 静岡新聞)

浜松・家族4人殺傷 長男に無期判決 静岡地裁支部

 浜松市北区の自宅で昨年4月、母親ら家族3人を殺害し、父親にも重傷を負わせたとして殺人と殺人未遂の罪に問われた長男で元会社員、池谷佳峰被告(32)の裁判員裁判で、静岡地裁浜松支部は21日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 弁護側は公判で「池谷被告は事件当時、妄想性障害による心神耗弱状態だった」と主張していたが、山田直之裁判長は判決で「犯行に妄想性障害の直接の影響はなく、責任能力もあった」とした。
 判決によると、池谷被告は昨年4月22日午前0時半から同3時ごろ、同区三幸町の自宅で、祖母まりさん(当時83歳)と母美沙子さん(同62歳)、姉絵吏さん(同32歳)をサバイバルナイフで刺殺し、父久勝さん(61)にも重傷を負わせた。
 山田裁判長は判決で、久勝さんが証人尋問で「社会復帰後には一緒に暮らしたい」と述べたことなどに触れ「更生の可能性を否定しない」とも述べた。【竹田直人、大谷和佳子】
(2017年7月21日 15時14分(最終更新 7月22日 05時37分) 毎日新聞)

家族4人殺傷、無期懲役判決…責任能力認める

 浜松市で2016年4月、家族4人をナイフで刺し、うち3人を殺害したとして殺人と殺人未遂罪に問われた長男の無職池谷いけや佳峰よしたか被告(32)の裁判員裁判で、静岡地裁浜松支部は21日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。
 裁判では、池谷被告の責任能力の有無が焦点になった。山田直之裁判長は「家族の殺害に向けた計画性や一貫性が認められる」と述べ、責任能力を認めた。
 判決によると、池谷被告は会社での人間関係のトラブルを家族に知られるのが恥ずかしいと思い、16年4月22日午前0時半〜3時頃、同市北区の自宅で祖母(当時83歳)、姉(同32歳)、母親(同62歳)の胸などを刃渡り約20センチのサバイバルナイフで刺して殺害。父親(61)の腰なども刺して殺害しようとした。
(7月21日(金)19時17分 読売新聞)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます