報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

森田一家本部事務所に発砲 男に懲役6年の判決 静岡地裁

 静岡市駿河区の指定暴力団稲川会森田一家の本部事務所に銃弾が撃ち込まれた事件で、銃刀法違反と建造物損壊の罪に問われた山梨県甲府市、ガソリンスタンド従業員の男(49)の裁判員裁判判決公判で、静岡地裁は16日、懲役6年(求刑懲役8年)を言い渡した。
 伊東顕裁判長は判決理由で「事務所周辺は住宅街で、たとえ深夜であっても拳銃の弾丸4発を発射した危険性は甚だ大きく、周辺住民に多大な不安を与えた」と指摘した。
 判決によると、被告は昨年9月15日午前3時15分ごろ、何者かと共謀し、森田一家の本部事務所に回転弾倉式拳銃で弾丸4発を発射。そのうち2発を事務所のシャッターやドアに命中させ、貫通した弾丸で近隣民家の窓枠などを壊した。
(9/17(木) 11:57 静岡新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます