報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

沼津市元主任と元社長に有罪 官製談合/入札妨害「癒着」関係

 沼津市発注工事の入札予定価格を漏らしたとして、官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の罪に問われた元市工事検査課主任(62)=伊豆の国市北江間、懲戒免職=と、公契約関係競売入札妨害の罪に問われた元社長(47)=沼津市白銀町=の判決公判で、静岡地裁は19日、2人にそれぞれ懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。
 判決理由で伊東顕裁判長は、接待などに触れ「業者と公務員とが癒着ともいえる関係となっていた」と指摘。入札制度や行政への信頼を裏切る悪質な犯行として「規範意識がはなはだ乏しかった」と述べた。一方、反省していることなどを執行猶予の理由に挙げた。
 判決によると、元主任と元社長は元市職員(69)=公契約関係競売入札妨害罪で公判中=と共謀し、駐輪場改修工事の一般競争入札に関し2019年1月、元主任が直接工事費を元市職員に教え、元市職員は元社長に伝え、同3月の入札で元社長の会社に最低制限価格に近い価格で落札させた。
 また、元社長は道路改良工事の一般競争入札に関して18年10月、市職員(懲戒免職)から設計額の教示を受け、同11月の入札で同社に落札させた。
(2020/3/20 08:15 静岡新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます