報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

警察官が偽証 「非難されるべき」 被告には有罪判決  静岡地方裁判所

 覚醒剤の事件を巡って、警察官が嘘の証言をしたと被告側が告発していた裁判は、被告に有罪判決です。
 覚醒剤を使用した罪で、懲役2年6ヵ月の実刑判決を受けたのは、韓国籍のとび職・南龍二被告です。
 この裁判を巡っては、南被告を捜査し始めた時期について警察官が嘘の証言をしたとして、被告の代理人が検察庁に告発すると共に、違法な逮捕であると主張していました。
 これについて、新城博士裁判官は、嘘の証言は「厳しく非難されるべき」としましたが、「違法な逮捕ではない」と判断しています。
(9/9(月) 20:20 テレビ静岡)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます