報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

実質経営者に実刑判決 デリヘルで強制的労働 静岡地裁

 派遣型風俗店(デリバリーヘルス)で女性を強制的に働かせたとして、労働基準法違反の罪に問われた甲府市、無職の男(42)の判決公判で、静岡地裁は9日、懲役2年、追徴金約157万円(求刑懲役3年、追徴金約157万円)を言い渡した。
 伊東顕裁判長は判決理由で「犯行を自ら計画し、中心になって実行した。規範意識に欠け、刑事責任は重い」と指摘した。
 判決によると、店の実質的経営者だった被告は、営業統括役の男(31)=同法違反罪で有罪判決=と共謀し、2018年5月下旬に元従業員の女性=当時(29)=を静岡市内の路上に止めた車内で脅し、同10月下旬まで店での労働を強制した。
(4/9(火) 17:12 静岡新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます