報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

三島の男性殺害未遂 静岡地裁沼津支部、男に懲役4年判決

 三島市の路上で5月、飲食店経営の男性を刃物で刺したとして、殺人未遂の罪に問われた住所不定、無職の男(30)の裁判員裁判の判決公判で、静岡地裁沼津支部(菱田泰信裁判長)は15日、懲役4年(求刑懲役7年)を言い渡した。
 菱田裁判長は判決理由で、被害者の供述や腹部の傷の状態などから「人を死亡させる危険性の高い行為と認識していた」と殺意を認定。「犯行を否認し、不合理な弁解を繰り返すなど反省しているとは言い難い」として、弁護側の無罪主張を退けた。
 弁護側は控訴する意向を示した。
 判決によると、被告は5月29日午前3時20分ごろ、三島市一番町の路上で、函南町に住む飲食店経営の男性=当時(23)=の腹を、殺意を持って刃渡り約8センチの折りたたみナイフで刺し、重傷を負わせた。
(2019/11/16 07:37 静岡新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます