報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

落札業者の元代表に有罪/西目屋官製談合 青森地裁判決

 青森県西目屋村発注の除雪用重機に関する指名競争入札を巡り、公契約関係競売入札妨害の罪に問われた、落札業者の会社の元代表取締役の被告(48)=弘前市藤内町=の判決公判が11日、青森地裁で開かれた。寺尾亮裁判官は懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の有罪判決を言い渡した。
 寺尾裁判官は、予定価格を教えてもらったほか、納入期間を短くしてほかの業者を辞退に仕向けるなど「確実に契約する工夫は巧妙かつ悪質」とし、「会社が多額の利益を得るという目的も身勝手で酌量の余地はない」とした。一方で被告が会社の代表を辞任するなど社会的制裁を受けた−として、執行猶予付きの判決とした。
 控訴について被告の弁護人は裁判後の取材に「本人と相談して決める」とした。
 判決によると、被告は元西目屋村長の関和典被告(54)と共謀し、2019年8月下旬ごろ、除雪用重機(13トン級)の指名競争入札での予定価格が2650万円だと電話で聞いた上、同月29日、予定価格に近い2575万920円で落札したとされる。
(3/12(金) 9:00 東奥日報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます