報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

十和田で飲酒ひき逃げの元警察官に有罪判決/青森地裁八戸支部

 十和田市内の国道4号交差点で飲酒運転して人身事故を起こし、通報せず立ち去ったとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた、三戸町川守田、元青森県警巡査部長で会社員の男(40)の判決公判が4日、青森地裁八戸支部であり、小川惠輔裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の有罪判決を言い渡した。
 判決理由で小川裁判官は、「飲酒運転により被害者にけがを負わせ、救護などをせずに逃走したのは悪質。さらに、当時、警察官であったことから、強く非難される」などと指摘。一方、既に被害者に対し、損害賠償金が支払われていることや、警察官を懲戒免職処分となり社会的制裁を受けていることなどから執行猶予が相当とした。
 判決によると、被告は6月26日、軽乗用車を運転中に飲酒。同日午後4時5分ごろ、十和田市伝法寺の国道4号で、信号待ちの乗用車に追突。運転していた女性=当時(57)=の首などに全治約3週間のけがをさせたが、救護や警察への通報をしなかった。
 元県警警察官の有罪判決に、県警の青山孝浩首席監察官は「引き続き、県内の治安維持に全力を尽くし、県民の信頼に応えていく」とコメントした。
(11/5(木) 9:56 デーリー東北新聞)

十和田で飲酒運転・ひき逃げ 元警官に執行猶予判決/青森地裁八戸支部

 今年6月、青森県十和田市で飲酒運転で人身事故を起こし現場から逃走したとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)と道交法違反(救護義務違反・事故不申告)の罪に問われた元県警巡査部長の被告(40)=三戸町川守田元木平=の判決公判が4日、青森地裁八戸支部であった。小川惠輔裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。
 量刑理由で小川裁判官は、運転中に飲酒することは言語道断−とした上で、アルコールの影響で視野が狭まっていることを自覚しながら事故を起こした被告の犯行は「極めて危険かつ悪質」と非難。被告は事故当時、警察官として命の保護や犯罪抑止などを責務とする立場にありながら、自己保身のために逃走しており「強い責任非難が妥当」と指摘した。一方で、被害者へ賠償金が支払われていること、事故以降は禁酒していることなどを考慮し「社会内で更生する機会を与えるのが相当」とした。
 判決によると、被告は6月26日午後4時5分ごろ、酒を飲みながら軽自動車を運転し、十和田市内の市道で信号待ちをしていた乗用車に追突。乗っていた女性に首のけがを負わせた上、救護せず逃げ、警察に報告しなかったとされる。
 県警は7月、危険運転致傷と、当て逃げに当たる事故不申告の疑いで書類送検。地検はひき逃げに該当するとし、救護義務違反を加え9月に在宅起訴した。
 県警監察課の担当者は送致罪名の妥当性について「しかるべき捜査を行い事件送致した」と話した。
(11/4(水) 18:46 東奥日報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます