報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

1歳児が塩中毒死、元保育所経営者に有罪判決

 盛岡市の認可外保育所で2015年8月、同市の下坂彩心あこちゃん(当時1歳)が食塩を混ぜた飲み物を与えられて中毒死した事件で、業務上過失致死罪に問われた同市の元保育所経営者、吉田直子被告(35)に対し、盛岡地裁(中島経太裁判官)は14日、禁錮1年、執行猶予3年(求刑・罰金50万円)の判決を言い渡した。
 判決によると、吉田被告は15年8月17日から18日の間に、預かり保育中の彩心ちゃんに、健康を害する量の食塩を加えた乳幼児用イオン飲料を飲ませ、塩化ナトリウム中毒で死亡させた。
 中島裁判官は「生後12か月の被害者に相当量の食塩を摂取させたのは、非常識極まりない行為」と指摘。過失は重いとし、「罰金刑を選択すべき事案ではない。医師等の専門家に相談せず、軽率な行為で、酌むべき事情は見いだせない」と量刑理由を述べた。
(2018年09月14日 19時09分 読売新聞)

1歳食塩中毒死「非常識極まりない行為」 地裁有罪判決

 盛岡市の認可外保育施設で2015年、預かり保育中の下坂彩心(あこ)ちゃん(当時1)に食塩を加えたイオン飲料を飲ませ、死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた元施設経営の吉田直子被告(35)に対する判決公判が14日、盛岡地裁であった。中島経太裁判官は求刑(罰金50万円)を上回る禁錮1年執行猶予3年の判決を言い渡した。
 吉田被告はこれまでの公判で、熱中症を心配して食塩を加えたと説明。これに対して判決は「非常識極まりない行為で、医師などの専門家に相談しなかったのも思慮が欠けすぎた軽率な行為」と批判し、罰金刑を選択すべき事案ではないと判断した。彩心ちゃんの父、亘さん(28)は「納得しているわけではないが、裁判所が私たちの意見を考慮してくれたのだと思う」と話した。
 事件を巡って盛岡区検は1月、吉田被告を同罪で略式起訴したが、盛岡簡裁が「不相当」と判断し、正式な裁判が開かれることになった。判決によると、吉田被告は15年8月、健康を害する量の食塩をイオン飲料に加えて彩心ちゃんに飲ませ、食塩中毒で死亡させた。(大西英正)
(2018年9月14日19時07分 朝日新聞)

幼児中毒死 求刑上回る 禁錮1年猶予3年 盛岡地裁判決

 盛岡市の認可外保育施設で2015年8月、下坂彩心(したさか・あこ)ちゃん(当時1歳)に食塩入り飲料を飲ませて塩化ナトリウム中毒で死亡させたとして、業務上過失致死罪に問われた元施設経営者、吉田直子被告(35)に対し、盛岡地裁は14日、罰金50万円の求刑を上回る禁錮1年、執行猶予3年の判決を言い渡した。
 判決理由で中島経太裁判官は「熱中症を懸念して塩を与えたとの供述は信じられないが、虚偽とまでは言えず、詳しい動機は分からない」と判断。その上で「乳幼児に塩を与えたのは非常識極まりなく酌量の余地はない」とし、罰金刑を選択すべきではないと結論付けた。
 判決によると、吉田被告は、腎臓などが十分発育していない1歳児には食塩を与えないか、ごく微量にとどめるべきだったのに、15年8月17日〜18日未明ごろ、彩心ちゃんに食塩を加えた乳幼児用イオン飲料を飲ませ中毒死させた。
 吉田被告は昨年7月、危害を加える意図があったとして傷害致死容疑で岩手県警に逮捕されたが、盛岡地検が処分保留で釈放した。盛岡区検は今年1月、業務上過失致死罪に切り替えて略式起訴したが、盛岡簡裁が「略式不相当」と判断し、正式な刑事裁判が開かれた。盛岡地裁では、吉田被告に対する損害賠償訴訟も係争中。【小鍜冶孝志】
(2018年9月14日 14時32分(最終更新 9月14日 20時49分) 毎日新聞)

盛岡1歳児塩中毒死 父、求刑超える判決に「思い考慮してくれた」

 1歳児が塩化ナトリウム中毒で死亡した事件で、業務上過失致死罪に問われた盛岡市の認可外保育施設の元経営者、吉田直子被告(35)に、盛岡地裁が14日、言い渡したのは求刑を超える判決だった。民事訴訟でも「故意に塩を投与した虐待死」と訴えている被害者の下坂彩心(したさか・あこ)ちゃん=当時(1)=の父、亘さん(28)は「罰金で終わるのかなと思っていた。私たちの思いを考慮してくれたかな」と評価した。
 中島経太裁判官は判決で、「乳幼児に与える飲食物に食塩を加えるのは普通でなく、相当量の食塩を摂取させたのは非常識」と指摘。「罰金刑を選択すべき事案ではない」と結論づけた。
 判決後の会見で、彩心ちゃんの両親の代理人弁護士は「禁固刑の選択は難しかったと思うが、被害者に寄り添う気持ちになって、よく決意してくれた」と述べた。その上で、「虐待死だった」と主張、「民事訴訟で明らかにしていきたい」と語った。
 亘さんも、吉田被告が食塩を与えた理由を明かさなかったことに対して、「ただただ腹立たしい」と唇をかんだ。
 一方、吉田被告の弁護人は、求刑を上回る判断について、「現実的にありうる範囲のことなので、驚きはない」と述べた。
 盛岡地検の吉武斉彦(なおひこ)次席検事も「量刑はある程度幅がある。裁判所が厳しく判断したのだと思う」との見解を示した。
(2018.9.15 07:02 産経ニュース)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます