報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

業務上横領 J3盛岡の元副社長に実刑判決 盛岡地裁

 サッカーJ3・グルージャ盛岡の運営会社から現金を着服したとして、業務上横領の罪に問われた元副社長で会社役員の平川智也被告(44)に対し、盛岡地裁(中島経太裁判長)は16日、懲役2年6月(求刑・懲役4年)の判決を言い渡した。
 中島裁判長は判決理由で「代表取締役の立場を悪用し、背任の程度が大きい。業務上横領の中でも悪質な犯行だ」と指摘。「財政再建を託され就任したのに資金を私的に流用して、選手やサポーターらを裏切った。刑事責任は重く、実刑は免れない」と述べた。弁護側は執行猶予付き判決を求めていた。
 判決によると、平川被告は2016年3〜4月、チームの運営会社「いわてアスリートクラブ」(盛岡市)の預金口座から3回にわたり計4500万円を従業員に引き出させるなどし、うち約3600万円を自身の経営会社の事業資金などに充てた。着服金の一部を返済したが、運営会社に約1600万円の損害を負わせた。
 判決を受け、運営会社の菊池賢社長は「再発防止と健全な経営、県民の皆様に一つでも多くの勝利と明るい話題をもたらすことができるよう、引き続きクラブ一同で努めていきたい」とのコメントを出した。【小鍜冶孝志】
(2018年1月16日 18時45分(最終更新 1月16日 21時09分) 毎日新聞)

J3盛岡の元副社長、業務上横領容疑で実刑判決

 サッカーJ3グルージャ盛岡の運営会社「いわてアスリートクラブ」(盛岡市)から約3600万円を横領したとして、業務上横領の罪に問われた元副社長平川智也被告(44)に、盛岡地裁(中島経太裁判長)は16日、懲役2年6月(求刑懲役4年)の判決を言い渡した。
 検察側は論告で「職務上の立場を悪用した極めて悪質な犯行だ」と指摘。弁護側は「被害額を弁済する意思がある」として執行猶予付き判決を求めていた。
 起訴状などによると、副社長だった2016年3〜4月、会社の口座から3回にわたり現金を引き出し、計約3600万円を自身が経営する別会社の事業資金などに充てたとされる。
 平川被告は唯一の常勤役員として資金調達や運用など業務全般を統括していたが、16年8月に流用が発覚して辞任した。
(2018年1月16日11時32分 日刊スポーツ)

グルージャ元副社長に実刑 盛岡地裁・業務上横領

 サッカーJ3グルージャ盛岡の運営会社、いわてアスリートクラブ(盛岡市)で約3600万円を着服したとして、業務上横領の罪に問われた同社元副社長の会社役員平川智也被告(44)=同市津志田南=の判決公判は16日、盛岡地裁で開かれ、中島経太裁判長は「運営会社の財政再建を託されて就任したのに資金を私的に流用し、選手、サポーターらを裏切った」と懲役2年6月(求刑懲役4年)の実刑判決を言い渡した。
 中島裁判長は量刑理由で「平川被告や自身経営の別会社が運営会社のためにした支出で損害の一部が補填(ほてん)されたとみるとしても1590万円の実損が発生し、結果は重大」と指摘した。
 執行猶予付き判決を求めていた平川被告の弁護人は「主張が認められず残念。控訴は相談して決めたい」と述べた。
(2018/01/17 岩手日報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます