報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

てんかん発作で衝突事故に無罪 盛岡地裁「停車できず」

 岩手県花巻市で平成27年12月、てんかんの発作で運転中に意識を失い衝突事故を起こしたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の罪に問われた同市の会社員、高橋清被告(39)に、盛岡地裁は「発作の影響で車を停止できなかった」と判断し無罪(求刑懲役10月)を言い渡した。
 発作の前兆を感じた後、すぐに停車できたかが主な争点だった。中島経太裁判官は12日付の判決で「被告は前兆を感じてからだんだんと目の前が暗くなっていく状態だった。前兆から意識を失うまでの4〜5秒間に停車できたと断定するのは疑問」と指摘した。
 判決などによると、高橋被告は27年12月9日、信号待ちの乗用車に衝突し、運転手に軽傷を負わせた。検察側は公判で「発作の前兆を感じたのに直ちに停車せず、安易に運転を継続した」と主張していた。
 盛岡地検の河原克巳次席検事は「判決内容を精査し、上級庁と協議して適切に対応したい」とコメントした。
(2017.12.13 11:59 産経ニュース)


運転中のてんかん事故で無罪判決 盛岡地裁

 花巻市材木町で2015年12月、運転中にてんかん発作で意識を失って軽傷事故を起こしたとして、危険運転致傷の罪に問われた同市の会社員の被告(39)の判決公判で、盛岡地裁(中島経太裁判官)は12日、「病気の影響による支障が生じる恐れがある状態で車を運転したとは認められない」などとして無罪(求刑懲役10月)を言い渡した。同地裁(支部含む)の無罪判決は、16年12月の自動車運転過失致死罪に問われた事件以来。
 被告がてんかん発作の前兆を感じた際、直ちに停車できたかなどが争点。検察側は「前兆を感じてから意識を失うまで約80メートル走行しており、十分停止できた」と主張したが、中島裁判官は「体が動いても目の前が暗くなっていく状態で、前兆から意識を失うまでの4、5秒で車を止められたかは疑問」と判断。
 発作の前兆を感じた地点の約140メートル手前で被告が感じた「前兆とは異なる気持ちの悪さ」についても「発作が起きる具体的可能性に思い至っていなかったのではないか」と疑いを示した。
(2017/12/13 岩手日報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます