報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

盛岡地家裁 新所長の堀内氏「力尽くしたい」 /岩手

 盛岡地家裁の所長に5日付で就任した堀内満氏(60)が19日、盛岡地裁で記者会見し「国民目線に立ち、質の高いサービスを提供するのが裁判所の務めだと自覚している。スタッフ一同、力を尽くしていきたい」などと抱負を語った。
 長野県上田市出身。慶応大法学部卒業後、1987年に裁判官に任官し、浦和地裁(現さいたま地裁)を振り出しに、名古屋高裁判事や名古屋地裁部総括判事などを歴任した。
 名古屋高裁時代には、大阪、愛知、岐阜の3府県で94年に男性4人が殺害された連続リンチ殺人事件の控訴審を担当し、強盗殺人罪などに問われた事件当時18〜19歳の男性3被告に対する死刑判決に関与。「評議を尽くすことの重要性を味わい、大きな転機となる事件だった」と述べた。
 初の東北勤務については「各事案を適切に処理することで、(東日本大震災からの)復興にも協力していきたい」と話した。【小鍜冶孝志】
(2017年6月22日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます