報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

アワビ密漁の2人に執行猶予付き判決 盛岡地裁一関支部/岩手

 今年2月に岩手県大船渡市の沖合でアワビを密漁したとして漁業法違反などの罪に問われた男2人に、盛岡地裁一関支部は7日、執行猶予付きの有罪判決を言い渡しました。
 判決を受けたのは、花巻市の無職・八重樫敏博被告(68)と駿河昭久被告(44)です。判決によりますと2人は今年2月、大船渡市三陸町越喜来の小壁漁港周辺の海域で、アワビ82個を密漁しました。7日の判決公判で盛岡地裁一関支部の遠山敦士裁判官は、「犯行は常習的で職業的」と指摘した一方、2人とも反省しているとし、主導的立場の八重樫被告に懲役1年、執行猶予3年、罰金20万円、駿河被告に懲役10か月、執行猶予3年、罰金10万円を言い渡しました。
(6/8(火) 12:09 岩手放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます