報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

老人施設浸水巡る訴訟和解 岩手、16年台風で9人犠牲

 2016年8月の台風10号の豪雨で浸水した岩手県岩泉町の高齢者施設「楽ん楽ん」の入所者9人全員が死亡した問題で、うち6人の遺族計17人が施設の運営法人に計約1億1145万円の損害賠償を求めた訴訟は20日、盛岡地裁(中村恭裁判長)で和解が成立した。施設側代理人によると、施設側が謝罪し賠償金を支払う。金額は非公表。
 命日の今月30日より前の和解を望んだ遺族の意向に沿う形となった。
 訴状によると、施設側は16年8月30日午前9時ごろに「避難準備情報」が発令された時点で、入所者を避難させる義務があったのに怠ったとしている。近くを流れる小本川が氾濫し施設が浸水し9人が死亡した。
 施設側は昨年7月の第1回口頭弁論で、賠償責任を否定する一方、道義的責任から被害者1人当たり100万円の弔慰金を支払う考えを示していた。〔共同〕
(2019/8/20 16:26 日経新聞)

<16年岩泉豪雨>楽ん楽ん訴訟和解 施設側が謝罪と賠償

 2016年8月の台風10号豪雨による洪水で犠牲になった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」の入所者9人のうち6人の遺族17人が、施設を運営していた社団医療法人「緑川(りょくせん)会」に1億1145万円の損害賠償を求めた訴訟は20日、盛岡地裁で和解した。緑川会が賠償金を支払う。金額は非公表。
 和解条項は、緑川会が「利用者を避難させる義務を負っていた」と認定。遺族への謝罪と安全な施設運営に努める内容を盛り込んだ。
 遺族側代理人は「施設側が過失を認める内容。一定程度、目的は達成できた」と話した。緑川会は「亡くなられた利用者と遺族におわびし、教訓を今後の施設運営に生かしたい」との談話を出した。
 訴えなどによると、台風豪雨によって16年8月30日、施設の近くを流れる小本(おもと)川が氾濫。建物の天井付近まで浸水し、入所していた70〜90代の男性2人、女性7人が亡くなった。
 遺族側は、施設は避難準備情報を把握しながら入所者の避難を怠ったとして18年3月、盛岡地裁に提訴。緑川会側は「避難させなければならない法的義務はなかった」と請求棄却を求め、非公開で協議してきた。
◎命日前に決着遺族安堵
 「同じような被害が繰り返されないきっかけになってほしい」。台風豪雨による洪水で入所者9人が犠牲になった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽ん楽ん」を巡る損害賠償訴訟。命日を10日後に控えた和解決着に、遺族は安堵(あんど)の表情を浮かべた。
 「施設側の法的責任と謝罪は譲れない部分だった。ほっとした」。施設で母チヤさん=当時(95)=を亡くした八重樫信之さん(75)=埼玉県所沢市=は県庁で記者会見に臨んだ。
 原告団には豪雨被害から3年となるのを前に決着を求める声が強かったという。八重樫さんは「(裁判の継続は)私も健康面でしんどかった。母には納得できる裁判になったと報告したい」と述べた。
 ただ「なぜ避難しなかったのか」は最後まで解明されないまま。八重樫さんは「真相がいまひとつ分からない。(施設内でただ一人生き残った)所長の証言を聞きたかった」と悔しさもにじませた。
 原告団に加わらなかった遺族も裁判の行方を見守っていた。兄繁喜さん=当時(77)=を亡くした岩泉町職員千葉利光さん(62)は同町で取材に応じ、「しこりが残らない円満な和解になってほしいと願っていた。施設職員はその場で最善を尽くしたと思う」と言葉少なに語った。
 施設を運営していた社団医療法人「緑川会」の佐藤弘明常務理事は和解成立後、報道陣の取材に「大切な身内を奪ってしまい、遺族の方々には申し訳ない」と謝罪の言葉を繰り返し「償いは一生続く。誠心誠意対応したい」と話した。
 その上で原告団に加わらなかった犠牲者3人の遺族にも和解内容に準じた賠償金を支払う考えを示した。
(2019年08月21日水曜日 河北新報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます