報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

ひたちなか乳児死亡 父親に懲役9年判決 「暴行正当化できぬ」 地裁 /茨城

 ひたちなか市の自宅アパートで2018年、当時生後約9カ月の次女に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた父親の無職、高倉和樹被告(30)に対し、水戸地裁の裁判員裁判は6日、懲役9年(求刑・懲役13年)を言い渡した。結城剛行裁判長は「自分に懐いてくれないストレスなどから、1歳にもならない被害者に強い暴行を加えたのは正当化できない」と述べた。
 弁護側は公判で、次女を抱えていた高倉被告が転倒し、次女が頭を打ったことが死亡に影響した可能性があると主張していたが、結城裁判長は、医師の証言などから、別の衝撃が死因につながったと認定した。
 判決では「おむつ替えや着替えなどでむずかる被害者にかっとなって暴行を加えた」と指摘。犯行について「暴行は2カ月半にわたって行われ、非常に危険で悪質」とした一方で、「日常的に暴行が行われたとは認められず、(次女の実母である)元妻も服役を望んでいない」などと量刑理由を述べた。
 判決によると、高倉被告は18年10月上旬〜11月中旬、次女の葉月ちゃんの頭を拳で殴るなどの暴行を断続的に加え、外傷性脳障害で死亡させた。
 弁護側は公判後、控訴については高倉被告と相談して決める考えを示した。【長屋美乃里】
(2021/9/7 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます